星たち

Dscf7064

Dscf7074
Dscf7080_2

あのきらめきはいったい何なの?
ああ、あれはね
暁が
おお慌てに慌てて
袋にかき集めた星たちが
ずんずん重たくなって
袋の底がとうとう破れちゃって
たまたま地上に眠っていた池の中に
ざらざらと一気に落ちてしまったのさ
もう
リゲルやシリウス
プロキオン、ポルックス
カペラやアルデバランも
ごちゃまぜさ
何が何だかわからないまま
ああして
沈むことも忘れて
白銀となって
ただひたすらに
光を放っているのさ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

球根たちは雪の下

Dscf7014

スノードロップやヒヤシンス
スイセンやユリにチューリップは
みんなまだまだ雪の下
それでも
芽はいまにも吹き出しそう
けっこう伸びてもいるだろう
見えないけれども生きている
真っ暗な土の中で
春がくるのを
疑いもせずに待っている
たまには居眠りや
小さなあくびもするけれど
頭上の雪が融けだして
だんだん土もぬくもって
だいじに花芽をかき抱く
球根たちは待っている
春一番を待っている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜明け

Dscf7042_2

薄墨色のそらに
硬く冷たくたたずむ
凸凹のビル
その向こうから
朝は
街をようよう溶かしだし
街灯の白昼色を消し
後ろ手に闇をかなぐりすてて
きょうという日に在るものをみな
きょうというあやかしの器へと
一つひとつを
ていねいに移し変えていく

| | コメント (0) | トラックバック (0)