日記

上京 2

他人がどこでどう過ごそうが、それを知ることにはまったく興味がない、知ってどうなる、関係ないという方々もいらっしゃるかと思う。近頃は書き留めておかなければ忘れてしまいそうで、自分の備忘録として書き置いている。書きつけられるならどこでもいい。自分が取り出しやすいところにためこんでおいている。

 上京2日目は甥の結婚式。個人情報の厳しい昨今、真っ向からの写真も載せられず、誰が出席しているかも判別がつかないという写真を探し出しアップ。小さい頃からの甥を知り、また社会人となってからは息子たちもさまざまな影響を受けた甥の門出、こみあげるものがある。ふたりに喧嘩や意見の食い違いはあるだろうが、乗り越えてきっと幸せになれるはず。

20151108_192318konnrei

 なかなか楽しかったのは、新郎の友人であったか、コーヒー旅芸人某氏のサービス。先ずは、新郎新婦の性格、人柄に合わせたコーヒーをブレンド。右手にトランペットを持ち、結婚行進曲やコーヒールンバ等数曲を間断なく奏でながら左手で芳しいコーヒーを淹れ、会場の皆さまにワイングラスで提供するというもの。感心したのは、コーヒーを淹れながらの演奏にも関わらず音程も狂わず不自然な休符がまったく無かったこと。後で聞いたことには玄人はだしのミュージシャンでもいらっしゃるのだとか。

 2日目も姉のところに泊まり、三日目は疲れを考慮しホテルの方に宿泊していたいまひとりの姉と合流、長男の案内で過ごし、この姉と一緒の新幹線で無事帰着。 どこでどんなものを見、どんなものを食べたか、それも楽しいことではあるけれども、それよりも何よりも、一つのことに当たっての皆さまの温かい心遣い、そして自分の血脈そしてその家族たちの傍近くにあって歓談できた楽しさ嬉しさが心を過る。更に気の効いた方々は、周辺に足を延ばすなりするのでしょうが、もうこれで十分。
  今回主人は外せない所用があり上京できなかったけれども、これを読んで貰えると様子の断片は分かるはず。

 


追加写真アップ。姉の書『千金一笑』。

20151107_184954

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上京 1

 8日(日)にある甥の結婚式に出席のため、先週の土曜日、昼頃着の新幹線で上京。八重洲口に息子たちが出迎えてくれる。近くで軽く昼食を摂り、東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂を訪れる。これは丹下健三の建築物でもあるということで息子たちの提案。

20151107_133207
 次なる行き先はタワーレコード。これは私の希望。その昔、村井正一が小柳達男、内藤裕一と弦楽三重奏を組んでいたが、その時に時間をかけて取り組んだ曲がベートーヴェンの「弦楽三重奏のためのセレナードニ長調作品8」。よほどのことがない限り楽譜までは買わない。どうも第5樂章まであるらしいが、どこか釈然としない。アマゾンでもこれだと思われる盤はなし。タワーレコードならと。それで正解だった。

Img458
 某資料には、「第4楽章のアレグロ・アッラ・ボラッカ」とあったが、このディスクで、正しくは「第5楽章のアレグロ・アッラ・ボラッカ」であることがわかる。そしてこの曲は第7楽章まであることもわかった。

 タワーレコードのクラッシック階に入り探しているうちに、ディスクにしては重厚な音色だと音のする一群に近付いてみると、チェロの生演奏だった。水野由紀。ブルッフの「コル・ニドライ」と「アヴェマリア」。ブルッフはプロテスタント。思わぬチェロ演奏、これも幸運だった。

 6階に下りてロック、ラップを
試聴。近付いてきた二男に「推薦盤は何?」と訊くと

Img457_2
 さっそく試聴したところ、なかなかいい。これも手に入れる。

 代々木経由で恵比寿にあるうどん屋へと案内する息子たち。

20151107_150047_2
 吉祥寺まで送られ、そこから各駅停車で宿泊予定の姉一家のところに。夕食は済ませてから行きますと知らせておいたのだが、着いてみると夕餉の支度は始まったばかりで、1時間後には夕食の第2ステージとなった。

 会いに来てくれた姪の子どもたち。

20151108_123430




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備忘録

 きょうは備忘録として記しおきたい。
 午後に近くのお茶に参加した。柄にもなくお茶席に。先生は徹頭徹尾こだわりをお持ちで、掛軸、生け花、茶道具ともに私には過ぎたるものばかり。

 台風23号の影響だろう、風が吹くたびに茶室の戸がカタカタと鳴る。どなたかいらしたのかなと耳を澄ます。やはり風のいたずらだ。それからしばらくして、また戸口がカタリと鳴り、こんどはほんとうに誰かいらした。明るい声をひびかせて入ってきたのは○○さん。80は過ぎておられるが風のように飄々としている。私のとなりに着かれた。私の心に讃美歌503番が通った。

   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 昔日、絵画教室で知り合った友だちがいる。2、3年のブランクを経つつもこれまで続いている。その友だちが最近言ったことだけれども。「小学生の時亡くなった弟と父が私のところにいることがある」。これを彼女の妄想だと片づけてしまう気は私にはない。弟さんは、姉である彼女にとても懐いており、どこへ行くにも付いて来たという。お父さんは、彼女の誕生日には必ずプレゼントを準備してくれていたようだ。いつも心に掛け心をくだいてくれていたという。
 彼女は今も、弟さんやお父さんの愛を受けながら生きている、私にはそう思われた。彼女のところにいる弟さんやお父さん、それは、とりもなおさず弟さんやお父さんの愛情がいまもって生きているという事なのではないか。愛されたという記憶はいつまでもその人を支え生かすのだと教えられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刈り入るる日は近し

田んぼ 水田 稲 稲田 稲穂 青空 秋の空 雲

 巨大台風23号、異例のコースを取って日本の東海上を北北西に進んでいるもよう。近場にある田圃の稲は倒れずに頑張っている。刈り入れが始まるだろう。


きょうは一日こんな歌が心に流れていました。

讃美歌503番♪

春の朝(あした) 夏の真昼  秋の夕べ 冬の夜も
勤(いそ)しみ蒔(ま)く 道の種の  垂穂(たりほ)となる 時来たらん
Chorus:
  刈り入るる 日は近し  喜び待て その垂穂
  刈り入るる 日は近し  喜び待て その垂穂

御空(みそら)霞(かす)む のどけき日も  木枯らし吹く 寒き夜も
勤しみ蒔く 道の種の  垂穂となる 時来たらん
  Repeat Chorus.

憂(う)さ辛(つら)さも 身に厭(いと)わで  道のために 種を蒔け
ついに実る その垂穂を  神は愛(め)でて 見そなわさん
  Repeat Chorus.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気落ちせずに

20140208_101334

  夕方についうたた寝。二男の夢を見ていた。夜8時を待って電話をしてみる。
「変わりない? いま何してたの?」
「皿洗い」
 耳に携帯を挟んでいるらしい。漆器がぶつかる音がし水道の水が流れる音がしている。
「そっちはどう?」と息子。
「いますごい雷。変な天気が続いてる」とわたし。
 ちょうど電話する直前から雷鳴がしていた。
「ま、気落ちせずに頑張って」と息子。

 毎日仕事に出て稼ぎ、こうして暮らしている、それでいい。健康で無事であればそれでいい。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭しごと & 小岩井

006

 朝食後、ちょっと庭に出たところが、去年の秋じまいが雑であったために、雪が解けた庭のそちこちに枯葉がへばりついている。これでは、草花も芽を出しにくいかとせっせと掃除。枯葉の下には、チューリップ、ヒヤシンス、水仙、クロッカス、ムスカリが芽吹いていた。30分ばかりと始めたのが、そろそろ小休止と家の中に戻って時計を見ると、もう昼近く。時の経つのははやい。

 午後からは、そろそろ小岩井で羊が生まれているのではないかと、近所の、あの絵を描いてらっしゃるT子さんが、一緒に行ってくださるというので出かけてみた。子羊公開はまだだったけれど、岩手山がとてもすっきりときれいだった。

002g

 帰ってからまた庭をきれいにしなければと動き回りながら、イエスさまがこの庭を散歩してくださったならと願った。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軌道にのるか

017


 一昨日、村井正一先生の御子息に、「お姉さんをご紹介いただけませんでしょうか」と思い切ってお願いしてみると、午後になってお姉さんの方から電話が入った。協力してくださるとのこと。嬉しかった。御子息よりも6歳年上でらっしゃる。話してみると、さまざまに私と共通の話題などもあり、一気に活力をいただいた。先生の歩みに関する調査を何とか軌道に乗せたい
他にも懸案事項はまだ幾つか残ってはいるが、先ずは、このこと。大丈夫かな、頑張れるかな。

 それにしても、写真のトリミングは面白い。ちょといびつだけれど、それでも四角形の中に収まる画像より変化はある。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8℃

200917_003
 この写真は2009年3月に撮ったもの。春の兆しが感じられるので、今ごろになって載せてみた。
 朝には白鳥が高く飛んでいた。もう帰っていったのだろうか。このところ道端の雪が見た目に嵩を減らしている。夕方主人が散歩に行くと言うので、ついて行った。4時すこし過ぎていたと思うが、盛岡市バイパスに出て、岩山入口交差点を岩山方面に直進。道がカーブする地点にある温度計が8度と出ていた。中津川を水源とする新庄浄水場を右手に見て加賀野方面にくだる。以前、右手には暗い杉林がつづいていたのが、近年伐採されて、山側一帯が明るくなっていた。斜面には
、木の切り株が点在している。光がさすことの心地よさ。清々しい空気だ。このまま大雪も黄砂もなく草木が萌えだしてくれたなら申し分ないのだが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また雪

010_2

 きのうでかなり雪が解けて、堆い雪の嵩も低くなり、これはもうぐんぐん春にと思っていたところ、昨夕の気象予報の的確さ、今朝は雪が舞っていた。

 室温でいち早く咲いたアマリリスが、不思議そうに雪景色を眺めている。


    ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

いつくしみふかき(クリックしてお聴きください)

主よみもとに近づかん(クリックしてお聴きください)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開かれた天国の門

 きょう、私が所属している教会の会員で、真実に神の御前に歩まれたひとりの方が、天に召されました。

心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。(マタイ5:8)

 このような聖書のことばが心に通いました。連絡を受けたときには悲しく思いましたが、私は、はたと立ち止まりました。ああ、天国に直行された、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)