催事のご案内

バザーがあります

Img683

Img684

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七宝ジュエリー展のご案内 2017・4・17~29 喫茶ママ

Img663

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご案内

 12月といえばクリスマス。日頃の自分の足らざるを赦され今あるのは、やはりイエスさまのご愛のお陰であるとおもいます。何ができなくとも、多くの欠点が目につくとしても、なぜか、このような自分を神さまは存在させてくださっています。
 先だって、イエスさまを絵に描いてみたいと思い、まずはどんな顔をなさっていたかを調べているうちに、調べだけで終わってしまい、描くまでには至りませんでした。
 ごく一般のユダヤの方々のような風貌であることと、また私はこれはずっと思っていたのですが、一般的な聖画にあるようなハンサムな白人の顔ではない、人が慕うような見目麗しさはなかっただろうと。そして十字架上でのそれは、断末魔に苦しみ醜く歪んでいただろうと。舟越保武の「ゴルゴダ」を見たとき、イエスさまの十字架のお顔はこれだ! そう思いました。

  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 クリスマスの月にもさまざまなイベントや展覧会などありますが、きょうは七宝ジュエリー展をご案内します。

Img645_2

                      天沼美津子
                 七宝ジュエリー展  ⅩⅩⅠⅩ
                    2016.12.6(火)~11(日)
                                              盛久ギャラリー




| | コメント (0) | トラックバック (0)

大信田時子さんの10回目の個展です

Img614

 

コーヒーで寛ぎながら、大信田さんの絵画世界にワープしてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天沼美津子さんの展示会です

Img613

 盛岡、きょう、さくら開花宣言。天沼さん作の桜のほうもご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七宝ジュエリー展

Img460
祝 第28回世界七宝ジュエリーコンテスト優秀賞
この案内状にある作品が受賞作品です。

  ☆  ☆  ☆

 きょうは息子が帰ってくるということで、掃除や障子はり等など。家事をしながらカラヤンのブランデンブルグ1~6番、繰り返し聴いていたが、きれいだけれどもちょっと甘いところもあるという感じがした。長い間マルティン・シュタットフェルトを聴いていて、久方ぶりに聴いてみるとそんな感じだった。書きながら聴くということはできないけれども、ガラス拭きや障子はりとなら相性は悪くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天沼三津子 第14回 「七宝に遊ぶ展」 

Img377_2

pencil
  今日は展示会のご案内のみに。おでかけください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天沼三津子 「七宝ジュエリー展」 2014/12/9(火)~14(日) 盛久ギャラリー

 

天沼さんの新作です。ハヤチネウスユキソウの緻密な手仕事をご覧ください。

Img349

 天沼さんのアトリエの前の道路の両側はいつもお花でいっぱいでした。よく散歩で通りぬけます。ことしはもう紅葉もおわり、また来年。天沼さんの庭から我が家の庭に移住してきた花たちもたくさんあります。そんな中からも、こんな新しい創意が生まれているのかもしれません。

      ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 毎日の落ち葉掃き。落ちた真っ赤なもみじが足元の緑色の植物にまぎれこんで、見事な対比を演出。緑は赤を際立たせ、赤は緑を際立たせる。まことに理想的な互恵関係を見せてくれている。ひとの世界は……などとこれ以上の駄文を連ねて興ざめすることもないだろう。常緑のタイムの群生に落ちた幾葉もの紅葉は、互いに実に美しい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトリエ・ミツコ七宝ジュエリー展ー2014/10/1(水)~7(火)さくら野仙台店さくら野MONO創り広場1階

 七宝ジュエリー作家天沼三津子さんの展示会があります。会場は仙台市のさくら野仙台店さくら野MONO創り広場1階です。
 労を決して厭わない丹念で緻密な手仕事から創りだされたすばらしい七宝の数々を是非ご覧ください。

Img319

Img320

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トリオ・グラシア コンサート」 2014/7/27(日) 10 :30 ~、14:00~インマヌエル盛岡キリスト教会

  カレンダー、もう14日。はやい、はや過ぎる。この時間の流れ具合には恐れ入る。
 きのうは、キャラホールで合唱があった。盛岡市の主だった合唱団が出演。どんな団体がどんな歌を歌うのかじっくり聴くチャンスであり、逃すのはもったいなかったが、同じ時間帯に、教会でケニヤに送るための包帯づくりがあったので、こちらに参加。 「けがややけどで包帯が必要な人たちとコンサートとどっちが大事?」、これが内なる声。これには従わざるを得ないのだ。主人がひとりで聴きに出かけ、「よかったよ」。
 ところで今度は教会でトリオ・グラシアさんのコンサートがある。いちど聴いているが、とても楽しい。明るい。清らか。心のクリーニングにも是非どうぞ。

Img291 

Img292

※このチラシを作ったのは業者さんでもなければ、もちろん私でもない。國光牧師夫妻のお嬢さんA姉が制作してくださいました。♪の向こうに羊が。素敵ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧