音楽

あらえびす著『名曲決定盤』

 野村胡堂といえば銭形平治、そう思っていたときが長かった。音楽の方もなにか遺しているらしいと知ったときも、読んでみようと思わなかった。あらえびす記念館ができて数年経ったころに、この著書に出会った。銭形平治を読んでいないのだが、いまだに捕物帖とクラシックのギャップが埋まらない。
 それにしても、大正時代にこれだけの音楽評論を書ける人がいたのだ。

 あらえびす著『名曲決定盤』
昭和14年4月28日印刷
昭和14年5月3日発行
昭和14年6月1日8版発行
著者 野村長一
定価 2圓50銭
中央公論社

 わたしが所有しているのは、この版。

 音楽評論家の大御所だった吉田秀和氏は、最晩年にも、レコード芸術などに、あらえびすの著書から引いたものだった。

昭和24年『名曲決定盤』中央公論社 
1979(昭和54)年  同  改訂版
1981(昭和56)年  同 (上下)  中公文庫
2015(平成27)年  同  改訂版 中公文庫
      『名曲決定盤(上) 器楽・室内楽篇』、『(下) 声楽・管弦楽篇』

 いまに生き、これからも生き続けていくのだろう。あらえびすの耳と心、知性が、いかに曲の神髄にまで迫り、聴き分けていたかが窺われる。事実、自分の好きな曲をどう書いているかを開くと、教えられること肯かせられることが多くある。

 ☆

 あらえびす著『レコードによる古典音樂』
昭和12年12月10日印刷
昭和12年12月15日発行
定価 金1圓70銭
発行所レコード音樂社

 こちらは、「あらえびす 野村胡堂」と直筆のサインが入っている。         



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡辺弥蔵という人

【渡辺弥蔵(18791978)の音楽略歴】
明治12年12月5日誕生。福島県白沢村(現・本宮市白岩)出身
明治-昭和時代の教育者。
明治37年東京音楽学校(現・東京芸術大学)甲種師範科卒
同年4月盛岡中学校に赴任
明治39年7月同行退職

ヘンリー・タッピングとは、盛中を辞める年、4か月間だけ、同じ教職員として顔を合わせる。
新藤武が渡辺弥蔵の影響で音楽教師を目指す
音楽家梅村保も授業を受ける
盛岡に
ピアノが入ったのは、
明治41年、宣教師タッピング夫妻がいた内丸教会附属の内丸幼稚園だった。タッピング夫妻は、ドイツの音楽学校でピアノを学んだ人。ピアノの正式なソロは、この婦人の演奏を嚆矢とする。このピアノは、当時、貴重なものだった。(盛岡市史)
渡辺弥蔵が授業で西洋のやさしい音楽を聴かせたというが、渡辺が盛岡市の藤沢座でヴァイオリンを演奏していることから、おそらくは、ヴァイオリンで弾いて聴かせたと思われる。

 

<盛岡の次は新潟にいたと思いましたが調べ中>

 

明治42年広島師範教諭となる
大正9年広島フィルハルモニー合唱団を結成。コンサート、ラ
ジオ放送に出演。合唱の普及に務める。
大正14年、進徳高等女学校
(現・進徳女子高等学校)着任
   教頭だったときに、原爆に遭う。65歳だった。

昭和5313日、広島市南区にて死去。98歳。

 

【作曲した校歌一覧】

 

広島県立広島商業高等学校
広島市立五日市小学校
広島市立船越小学校
廿日市市立廿日市小学校
広島県立広島中央特別支援学校
修道中学校・修道高等学校
山陽女学園 中等部 ・高等部
東広島市立竹仁小学校
進徳女子高等学校
広島市立石内小学校
呉市立横路小学校
東広島市立三津小学校

 

【著書】

 

最近楽典大要 1907
初等楽典釈義 1915
著書 楽器の解説 1917

 

【被爆体験の録音】

 

渡辺弥蔵の原爆体験記←クリックして聞いてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松見ヴァイオリン教室の発表会をのぞく

自分の関係者の発表があるので行ってきました。

Dsc00976

小3   モーツァルト 『ロンド』

Dsc00978

小6  ドヴォルザーク『ヴァイオリン協奏曲 イ短調 第一楽章』

Dsc00980

小6  ドヴォルザーク『ヴァイオリン協奏曲イ短調 第三楽章』

 よく頑張って練習し、弾いている事に感心しました。他の生徒さんたちの演奏も、よくここまでと感じ入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太田カルテットが書かれている著作物

Dsc00903

 太田カルテットを風化させるべきではないとの意識から、新聞などに書きのこしてくださった、または新聞取材に応じられた方々。

村井正一氏   昭和37年6月岩手日報「盛岡弦楽四重奏団のこと」。
           他多数
池田盛雄氏   昭和46年1月岩手日報「ばん茶せん茶
新藤武氏    昭和53年6月岩手日報「岩手の音楽回顧 新藤武氏の講演か             ら」。他多数 
達増寛一郎氏   昭和55年10月岩手日報「ばん茶せん茶」

    

 太田カルテットが書かれている著作物

「朝暾に額ずく・太田村誌」編纂代表者 館沢繁次郎 1935(昭和10)年刊
「岩手の音楽教育 教師を中心とした史的概観」吉田久五郎編著 岩手音楽教育学会 1973年
「なつかしのアルバム盛岡寫眞帳 下巻」1978年
板谷英紀著「賢治幻想曲」 1982年
佐藤泰平著「セロを弾く賢治と嘉藤治」洋々社 1985年
「太田の昭和史」太田の昭和史編集委員会 1993(平成5)年
「盛岡劇場ものがたり」 盛岡劇場編集 盛岡市発行 1996(平成8)年  
佐藤信夫著「太田クワルテット物語 岩手の洋楽の草分け」 盛岡タイムス社 1998.5
中ぶんな(加藤和子)著「光炎に響く」  新風舎  2006年 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨナ抜き

Dsc00647  

 明治唱歌には、よくヨナ抜き短音階とかヨナ抜き長音階という音階が出てくる。当時は、ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、を、ヒ(一)、フ(二)、ミ(三)、ヨ(四)、イ(五)、ム(六)、ナ(七)と表記した。ヨナ抜きというのはファとシを除く、ということだ。ヨナ抜き音階は日本人好みといわれる。
 『故郷の空』はスコットランド民謡だが、これを、奥好義(よしいさ)が、ヨナ抜き長音階に作り変えている。こうすれば、邦楽に似た旋律になるので、西洋音楽に不慣れな耳にもなじみやすいのだという。ー参考は『唱歌・童謡ものがたり』(読売新聞文化部)岩波書店note

 

 私の小さい頃の事。夏休み冬休みというと一戸にある親戚の家に泊まりに行っていた。蓋に蒔絵のついた漆塗りの小さな小箱があり、それを開けると、細く小さく美しく澄んだ金属音が、一音一音をあたかも自らで確かめるかのようにメロディーを響かせる。『天然の美』のオルゴールだった。帰るときに荷物の中に入れられてあった。
 後になって、この曲が、サーカスやチンドン屋の定番曲であると知る。どうしても最初にオルゴールで聞いた趣きとは重ならなかった。興行で聞く音は、いかにも弾き古され、ややもすると軽すぎて聴こえもした。
 近年になって、『天然の美』は『美しき天然』、そして、そのはじめの旋律、作詞、作曲のはじめは、頽廃的でもなければ、浮薄なものでもない事を知りうれしかった。クラシック畑にある方の中にも、よく内容を掴めていない演奏があるように、サーカスやチンドン屋の方々にも、その二通りはあるだろう。音楽の本来的な意義、用途などを考える時に、どちらが良い悪いなどと簡単に言ってしまうつもりはないけれども。note

 

 ジンタは、民間オーケストラが無かった明治時代、1887年(明治20年)に海軍軍楽隊出身者を中心に、30名ほどのメンバーで「東京市中音楽隊」が結成された。東京市中音楽隊は行進曲ポルカワルツ等を演奏し、西洋音楽を庶民に普及させることに貢献した。ーウィキペディアより転載note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハープの余韻

Dsc00621

 日曜日のキャサリン・ポーターさんのハープ演奏、楽器を奏でるすがたの絵画的な美しさも然ることながら、霊的なめぐみが、波と相和して、心に打ち寄せられる、そんな感じがしました。ハープを聴く機会はそう多くはありません。ハープが入った管弦楽曲は想像以上に多く、ざっと442曲はあるようです。

 こんどはハープ協奏曲を聴いてみたい。入門はヘンデルからでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮古町 常磐座

 常磐座はもともと芝居小屋だった。時には陸奥電気館のような巡業隊の映画や歌謡ショー的な演芸会、集会などに使われることはあったが、基本的に常設の芝居劇場だった。

 大正元(12)年10月10日付の岩手日報記事
下閉伊郡宮古町本町酒造業菊池長七氏の経営に係る同町旧館常設劇場常磐館は今より十数年以前の建築にして頗る旧式なものなるが為め危険千萬なる有様なりしか近来大改修を加え旧来の面目を一新して土間始め総ての点に改良を施し最も見栄ある常設舞台となし其工事も意外に捗り此程落成したるを以って其筋の検査済み次第近々会場の運に立至るへしと言う

以上は「宮古の映画館物語~わが古里のニュー・シネマ・パラダイス~」(鬼山親芳著)からの抜粋。

円子正と東華音楽会(団) は、改築されたばかりのこの常磐座で、大正元年の12月に、どれぐらいの期間であったかはわからないが、音楽会を行っている。梅村保はこれに呼び出されている。梅村の書簡から、12月30日には演奏があった。その前後のことはわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャサリン・ポーター ハープ演奏会 

Img681

Img682

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年 シンフォニエッタ盛岡 春のコンサート 

 久方ぶりのコンサート、深い海の底からぷっかりと浮かび上がってみると、音の海原が広がっている、そんな感じがしました。第46回の盛岡芸術祭参加。ハイドン、興味深く、また日本の歌メドレー、素敵でした。よい潤いのひと時を有難うございました!
 創立に関わられた成田先生、常に会場にあられたご夫妻を覚えつつ、
第50回までの歩みが待たれます。

 Img679_2

Img675

Img676

Img677

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンフォニエッタ盛岡 春のコンサート 2017・5・20(土)盛岡市民文化ホール

Img6622017

 ☆

 この頃は忙しく、そちこちに非礼、無礼をしてしまっている。
はや初夏、午後に、ことしになって初めて、キアゲハが庭を危うげに低空飛行しているのを見る。蛹からかえったばかりのようだ。食樹のサンショウの木を増やしただけでは、個体を増やすのは難しい。ハチや鳥が頻繁にやってきては啄んでしまうのだ。成虫がとぶのは毎年わずか2、3頭きり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧