書籍・雑誌

第26回小川未明文学賞大賞ちばるりこ著『スケッチブックー供養絵をめぐる物語ー』が出版されました

Img064
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡タイムス「楽都のユニゾン」連載第42回

盛岡タイムス「楽都のユニゾン」連載第42回が出ました。今回は、関東大震災のとき、東京市長だった後藤新平が、歌詞にうたわれていた事と、「籠の鳥」の大ヒットを書かせていただきました。
 もし後藤新平の都市計画が実現していたなら、それから後の地下鉄網や高速道など、ライフラインの建設費もかなり違っていたのかもしれないなどと思いましたが。
 「籠の鳥」のレコードが続々と出、映画も次つぎに。それでまたレコードが爆発的に売れ、映画で唄を務める歌手が仕事に恵まれるという相乗効果があったようです。
 主演の澤蘭子は、後に、ベルリンフィルを指揮したこともある近衛秀麿の愛人となったこともあるようで、ちょっと意外でした。
復興節には、昭和5年に帝都復興記念としてつくられた官製版「復興行進曲」があります。復興工事が一応の竣工を見た年です。こちらは北原白秋作詞、山田耕筰作曲。
ふたつの復興の歌に関し、西沢爽は次のようにいっています。
(復興行進曲は)白秋の作詞にしては拙いが、本格詩人の格調の高い歌であるとしよう。しかし私は卑俗であろうと、(添田さつき、渋谷白涙の作詞)の「復興節」の中に、生々しい人間像を感じる。歌の巧拙を越えて、どんなに打ちのめされても、また這い上がろうとする民衆の声が聞こえるのである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡市郊外旧太田村の地図

Img7132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大沼竹太郎のレコード音楽の解説

 あらえびすよりも以前にレコード解説を書いた紫波町出身の大沼竹太郎。彼は、敬虔なクリスチャンでもありました。岩手大学図書館蔵。
Dsc02484
Dsc02486
Dsc02487

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡タイムスの連載が30回に

 当ブログの管理人が、盛岡タイムスに連載している「楽都のユニゾン 鳥取春陽と太田カルテット」が、きょうで第30回となりました。できる範囲での取材、またアマゾンから入手した古書、図書館の書籍、のこされている楽譜、プログラム、明治、大正、昭和の新聞マイクロをもとに書かせていただいております。隔週金曜日です。盛岡タイムスは、各コンビニなどで販売しておりますので、お求めいただき、読んでいただければ嬉しく思います。宜しくお願いいたします。

Dsc01855

 刈屋への取材途中。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡タイムス「楽都のユニゾン」連載第29回

 きょうの盛岡タイムスに、当ブログの筆者が寄稿している「楽都のユニゾン 鳥取春陽と太田カルテット」の連載第29回が載っています。コンビニでお求めいただけますので、購読いただければ嬉しく思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

文芸誌『天気図 16号』 発刊!

Img74116

県下各書店でお求めください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もりおか童話の会会友、著書出版

 もりおか童話の会の代表、浅沼誠子さんが、時代小説「峠越え」を出版しました主な県下書店でお求めください。

Img7032_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『天気図』15号  盛岡タイムスに

Img65715
Img_20170310_0003

 文芸誌『天気図』15号が盛岡タイムスに掲載されました。
私は前号まで、評伝や小説を書いてきましたが、今回は近況エッセイにしました。

 

 立川さんは、エッセイを寄せていますが、岩手日報社発行の『北の文学』73号の方に小説『星山落ち』を寄稿しています。

   
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわての文芸誌 天気図 15号刊行

Img65715

 『天気図』刊行! さわや書店、東山堂 などの書店でお求めください。
今回は私は近況エッセイを載せていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧