学問・資格

芥川龍之介と盛岡

 昨夜、BS朝日で「黒柳徹子コドモノクニ作家島田雅彦がたどる芥川龍之介と太宰治」が放送された。この中で芥川が改造社から出た現代日本文学全集の宣伝旅行で北海道、東北を回ったことに触れていたが、盛岡にも来ている。私が太田カルテットを調べるために昔の新聞を当たっているうちに、この記事に出会った、モニター画面に出てきたときには、ほんとうに出会ったと思い感激した。もう30年近く宮古在住の頃のことだ。中ぶんな著『光炎に響く』(新風舎刊)の芥川の場面は、みなこの資料を基に書いています。一枚目の見出しの余白にあるメモは私が入れたのですが、岩手日報新聞昭和2年5月17日第2面ということです。
 この記事の末尾に、「佐々木休次郎、館澤半次郎(正しくは繁次郎です)君に見送られて出盛した」とあります。この佐々木休次郎、館澤繁次郎が太田カルテットのメンバーです。ですから、『光炎に響く』の芥川の場面は、強引に太田カルテットを結びつけて単なる想像で書いたものではなく、史実通り、またはこれに基づく類推から書いています。

Img461

次は、芥川が宣伝旅行から帰ってから寄稿した『改造』からの抜粋です。

 

Img464_2

5月に盛岡に来た芥川は、7月には自殺。

 

Img463

上の記事と同じ面の掲載記事ですが、わかりにくいかもしれませんが、これは芥川自殺後の記事。写真は盛岡駅で、芥川が青森に向けて汽車に乗る直前に佐々木休次郎が撮っている。非常に不鮮明ですが、新聞には「左から里見氏、中央芥川氏」と書かれていますが、右隣は、館澤繁次郎であったと思われます。

Img462

 またこれも宮古時代のことに遡りますが、主人に同行してもらい、太田カルテットのメンバー赤澤長五郎のご子息赤澤和夫さんのもとに資料をお借りしに行ったことがあります。ダンボール一つ分の中には、芥川龍之介の名刺がありました。

 親しかったかどうかはわかりませんが、太田カルテットのメンバーたちは、東京でも盛岡でも機会あるごとに接触があったものと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイドンクワルテット第二回公演音樂大演奏會曲目(大正13年10月5日)

2009914_001_2

(1)170㎜×80㎜

2009914_002

(2)170㎜×240㎜

2009914_003

(3)(2)に同じ

これは、「大正13年10月5日(日)の幕田しな子嬢賛助出演ハイドンクワルテット第二回公演
音樂大演奏會曲目」です。
写真をクリックすると大きくなります。
この音楽会には、宮澤賢治も来ていたと推察します。賢治がハイドンクワルテットを聴きに来ていたという言い伝えがあります。

会場  盛岡高等農林學校講堂
主催  太田クワルテット
後援  岩手毎日新聞社

出演  幕田しな子・ハイドンクワルテット(芝祐孟・多忠直・杉山長谷夫・多基永)

(1)は三つ折りの表紙部分
(2)、(3)は開いた状態です。

※ハイドンクワルテットのメンバーについては、文芸誌「天気図」vol.7(ツーワンライフ刊)の中ぶんなの論文をご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)