« ゆりの開花 | トップページ | 雑感 »

讃美歌の力

  起き出したのが4時半。きのうも一日家にこもり、地域関連の用足し以外には歩いておらず、1時間でも歩いてこようかと思っている間に雨がぱらつく音。新聞配達のバイクの音が遠く近く動いている。いましがた本格的に降ってきた。雷の音がしている。連日の猛暑。「主の祈り」を唱える。

Dsc00636

  キャサリンさん、いま宮古におられ、被災地の方々に耳を傾けて、演奏くださっています。習慣、食べ物の違い、方言に戸惑われながらも、ハープで讃美歌を届けてくださっています。
 バッハよし、ベートーヴェンよし、しかし、心が空疎なとき、悲しむ時には、讃美歌がいちばん。癒されます。

 先週のインマヌエル盛岡キリスト教会の説教題は『主から与えられる歌』で、開かれた聖書の箇所は詩篇40:1~3でした。

指揮者のために。ダビデの賛歌
    1 私は切なる思いで主を待ち望んだ。
    主は私のほうに身を傾け、私の叫びを聞き、
    2 私を滅びの穴から、泥沼から、引き上げてくださった。
    そして私の足を巌の上に置き、私の歩みを確かにされた。
    3 主は、私の口に、新しい歌、われらの神への賛美を授けられた。
    多くの者は見、そして恐れ、主に信頼しよう。

|

« ゆりの開花 | トップページ | 雑感 »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/71146148

この記事へのトラックバック一覧です: 讃美歌の力:

« ゆりの開花 | トップページ | 雑感 »