« ただいま5時半 | トップページ | 大雨のあと »

雨の日曜日

 きのうは暑さに勝てず、士気が落ちた状態に近かったが、とにかく原稿を書くべく強いて自分を追い込んだ。祈ってやった方がよいと思わせられ、祈った。書くよりも書くための調べ、確認なのだが。書く事自体にはそんなに時間はかからない。ふとブログ更新が過ったが、せっかく集中したところに今を中断しない方がいいので、そのまま続行。雨が降ってきた。12時を回り、半ごろに仕方なく止める。外は土砂降り。怖いような降り方だった。
 いま23日03時58分の気象庁の発表を見たが、盛岡市に大雨(土砂災害・浸水害)警報、洪水警報、雷・濃霧注意報、何れ大雨・洪水警報は盛岡・花北地域に集中している。何も起こらずには済みそうもない気配だが。最小限に抑えられることを祈る。
Dsc00656
 先週のインマヌエル盛岡キリスト教会では、聖書のヨハネ伝6:1~14を引証、『数えてみよ、主の恵』と題して、変わらずに國光勝美牧師のメッセージがありました。

ヨハネ伝6:1~14
6:1その後、イエスはガリラヤの湖、すなわち、テベリヤの湖の向こう岸へ行かれた。 6:2大ぜいの人の群れがイエスにつき従っていた。それはイエスが病人たちになさっていたしるしを見たからである。 6:3イエスは山に登り、弟子たちとともにそこにすわられた。 6:4さて、ユダヤ人の祭りである過越が間近になっていた。 6:5イエスは目を上げて、大ぜいの人の群れがご自分のほうに来るのを見て、ピリポに言われた。「どこからパンを買って来て、この人々に食べさせようか。」 6:6もっとも、イエスは、ピリポをためしてこう言われたのであった。イエスは、ご自分では、しようとしていることを知っておられたからである。 6:7ピリポはイエスに答えた。「めいめいが少しずつ取るにしても、二百デナリのパンでは足りません。」 6:8弟子のひとりシモン・ペテロの兄弟アンデレがイエスに言った。 6:9「ここに少年が大麦のパンを五つと小さい魚を二匹持っています。しかし、こんなに大ぜいの人々では、それが何になりましょう。」 6:10イエスは言われた。「人々をすわらせなさい。」その場所には草が多かった。そこで男たちはすわった。その数はおよそ五千人であった。 6:11そこで、イエスはパンを取り、感謝をささげてから、すわっている人々に分けてやられた。また、小さい魚も同じようにして、彼らにほしいだけ分けられた。 6:12そして、彼らが十分食べたとき、弟子たちに言われた。「余ったパン切れを、一つもむだに捨てないように集めなさい。」 6:13彼らは集めてみた。すると、大麦のパン五つから出て来たパン切れを、人々が食べたうえ、なお余ったもので十二のかごがいっぱいになった。 6:14人々は、イエスのなさったしるしを見て、「まことに、この方こそ、世に来られるはずの預言者だ。」と言った。

 
この日は遠来のお客様で、千葉からお二人、東京からお一人が来会されました。

|

« ただいま5時半 | トップページ | 大雨のあと »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/71215924

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日曜日:

« ただいま5時半 | トップページ | 大雨のあと »