« 2017年 シンフォニエッタ盛岡 春のコンサート  | トップページ | 刈屋北山 »

笛を吹く少年

Dsc00320

 盛岡市役所の裏に物思いながら笛を吹く少年。憂いを含んだ旋律が匂やかな葉叢を微かにふるわせているようだ。舟越保武の作品。樹陰に顔がかくされている。
 
 鳥取春陽は少年だったとき、通学のときにもハーモニカを吹きながら歩いていた。楽器は所を移さなくとも、そこにもう一つの世界を創り出してくれる。自らの心象を映しだした旋律が、時として、内にあることばには尽くせない悲しみ、憤懣、鬱屈をやわらげ慰め浄化してくれたろう。

|

« 2017年 シンフォニエッタ盛岡 春のコンサート  | トップページ | 刈屋北山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「笛を吹く少年」の像については、知りませんでした
是非 見に行きたいと思います
楽器を吹くことにより ”もう一つの世界を創り出す”、”自ら心象を映し出す旋律”なんて
まさに ”笛吹き”の思いを 直球で表現されていて   
中ぶんなさんも ”笛吹き人”に間違いありませんね 
(笛吹きの心を持っていらっしゃるという意味で・・・)  

投稿: flー佐々木 | 2017年5月24日 (水) 23時18分

FLー佐々木さん
「笛を吹く少年」、まわりの樹木が大きくなりすぎて、実際みあげる方がいないのではないかと、通りかかるたびに像が気の毒でなりません。台座をめぐっては、高橋石材店さんが大変に神経を使われたことも伺っております。観てくださる方が増えますと、少年も喜んでくれるでしょう。
楽器を構えることは無くなっていますが、代わりに言葉で音を紡ごうと思います。
有難うございました。

投稿: 中ぶんな | 2017年5月25日 (木) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/70652408

この記事へのトラックバック一覧です: 笛を吹く少年:

« 2017年 シンフォニエッタ盛岡 春のコンサート  | トップページ | 刈屋北山 »