« 主よみもとに近づかん | トップページ | 桜満開 »

イエスさまというお方

 先週は、イースター礼拝、聖餐式、午後にはイ―スタ―墓参がありました。

Dsc00018

聖書引証 ヨハネ伝201929
20:19その日、すなわち週の初めの日の夕方のことであった。弟子たちがいた所では、ユダヤ人を恐れて戸がしめてあったが、イエスが来られ、彼らの中に立って言われた。「平安があなたがたにあるように。」 20:20こう言ってイエスは、その手とわき腹を彼らに示された。弟子たちは、主を見て喜んだ。 20:21イエスはもう一度、彼らに言われた。「平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わしたように、わたしもあなたがたを遣わします。」 20:22そして、こう言われると、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。 20:23あなたがたがだれかの罪を赦すなら、その人の罪は赦され、あなたがたがだれかの罪をそのまま残すなら、それはそのまま残ります。」

20:24十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたときに、彼らといっしょにいなかった。 20:25それで、ほかの弟子たちが彼に「私たちは主を見た。」と言った。しかし、トマスは彼らに「私は、その手に釘の跡を見、私の指を釘のところに差し入れ、また私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じません。」と言った。

20:26八日後に、弟子たちはまた室内におり、トマスも彼らといっしょにいた。戸が閉じられていたが、イエスが来て、彼らの中に立って「平安があなたがたにあるように。」と言われた。 20:27それからトマスに言われた。「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」 20:28トマスは答えてイエスに言った。「私の主。私の神。」 20:29イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」

《先週416日のイ―スタ―説教》(インマヌエル盛岡キリスト教会 國光勝美牧師)

世の中では、イ―スタ―は、もうクリスマスと同じように、商戦に用いられております。一般の方々は、イースターをどのように捉えているのでしょう。ある方に訊いてみますと、思い浮かぶのは「うさぎ」と「たまご」という二つの言葉でした。私が「イ―スタ―というのは、イエス様が死んで三日目によみがえられた事を意味するんですよ」とお話しますと、「どういう事ですか?」と訊かれます。そこで、イエス様の十字架と復活のことをお話しました。

今日は「見ずして信じるものは幸いである」というご聖言を通して恵みをいただきたいと願っております。

さて、ここで、イエスさまが十字架に架かるためにおいでくださった第一降臨、そして、イエス様が、王としていらっしゃる再臨がある、このような大きな流れの中で、イ―スタ―という時を迎えていることを、どうか覚えていただきたいと思います。イエス様の来臨と十字架、復活、そして帰天。そして、天に帰っていかれたイエス様が再びこの世においでくださる、この壮大な一連の中にあるイ―スタ―の出来事であることを心に留めていただきたい。
 私たちが、イエス様というお方を理解するとき、受難のメシア、メシアというのは、油注がれたものキリスト、救い主と言っていいでしょう。私たちは、受難のメシアというイエス様の十字架の理解をしております。しかし、ユダヤの人たちは、王たるメシアは、われらをロ―マのくびきから解放してくださるはずと、このような地上的なメシア像を抱き期待していたわけであります。しかし、イエス様の来臨というものを見るとき、その二つの事が、一つとなっている。十字架のイエス様、それはまた、王の王、主の主としておいでくださるお方である。そのプロセスの中でのイ―スタ―、このように位置づけて、理解をしていただければ感謝でございます。

それでは、きょうのところを皆さんと一緒に心に留めましょう。

19節のその日というのは、イエス様がよみがえられた日なのですが、その夕刻、弟子たちは、イエス様を十字架につけたユダヤ人たちが自分たちを襲いにやってくるのを恐れて、戸を閉じていました。その不安と恐怖の真っただ中にイエス様はこられました。そして、真ん中に立って、「平安があなた方にあるように」と仰って、その手とわき腹を彼らに示された。イエス様の思いやり深さです。このことは聖書を通して知っているのですけれども、もし自分がその場所に居合わせたなら、どう受けとめたでしょうか。失望、落胆していたお弟子さんたちの前に、戸を閉じてあったその所に、何と、あのイエス様が、十字架でわき腹を刺されたお体をもって、「ほら、見てご覧」と現れた。その驚き、喜びは、いかばかりであったでしょう。21節、イエスは、彼らに言われました。「平安があなたがたにあるように」。シャロ―ムという言葉が使われております。訳し方によっては「こんにちは」或いは「こんばんは」という挨拶です。大げさに「平安があなたにあるように」と訳すところではないという立場の方もいるようです。イエス様は、まるで親しく挨拶をするように、ほら、こんばんは、わたしだよ、こういって、ご自身を示されました。そして、大切なことを仰いました。22節、「聖霊を受けなさい」。これは後のペンテコステに成就することでありますが、しかし、その前味わい、予告編とでもいうように「さあ、聖霊を受けるんですよ」と、ユダヤ人を恐れて、震えあがっていた、恐怖のまさに暗黒の中にいたお弟子さんたちのところに、主イエス様が、よみがえりのお姿をもってきてくださったのです。24節、「12弟子の一人で、デドモと呼ばれるトマスはこの時に一緒にはいなかった」。どういう理由であったかわかりません。理由を面白おかしく考えてお話をすることもできるでしょう。しかし言えることは、この大きな恵みの場所にトマスが、身を置いていなかったのは確かなことであります。私たちも、いろいろな理由はあります。よくわかります。しかし、どうか、あるべきときに、あるべきところに在ることをお勧めします。いなかったトマスは、他のお弟子さんたちが目にした驚くべき恵みを経験し損ねました。25節をご覧ください。他の弟子たちが彼に、「私たちは主を見た」といった。しかし、トマスは「その手に釘痕を見て、その指を、私の指をその釘痕に差し入れて、私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じない」といったのです。どうでしょうか。トマスは、ただわからないというだけではなく「信じない」ということばを発しています。危惧されることです。このトマスのつまずき、これを覚えておきましょう。

ところが、8日ののち、26節、弟子たちが、また室内にいました。まだ恐れて、つまり、イ―スタ―の日から1週間後、まだお弟子さんたちはみな籠っていたわけです。このときは、トマスもいました。戸が前回のときのように閉じられていましたが、この前と同じように、イエス様が彼らの中にいたのです。そして、「平安があなたがたの上にあるように」、こう語られました。そして、どうでしょうか。27節、それからトマスに言われた。「あなたの指をここにつけて、あなたの手をみなさい。わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じるものになりなさい」。何と忍耐深い憐み深いイエス様のお取り扱いでしょうか。私は見て触れなければ信じないと言い張ったトマスを、優しく忍耐深く扱ってくださっている。これには慰めを受けます。私たちもしばしばわからなくなって、或いは信仰がわからなくなって、もうこんな神様なんか私に目をかけていないんだ、と思わず口走ってしまう。本気になってそのように思っているようなとき、実は、その言葉をいちばん近くで聞いておられる方がおられる。私たちのつぶやき、悲しさ、苦しさ、それをいちばん近くで聞いておられるお方は、何と優しく扱ってくださる事でしょう。27節「あなたの指をここにつけて、あなたの手をみなさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい」。愛のすべてを注ぎだしたそのしるし、まさに、傷ついてくださったそのお姿をもって、このような不信仰な、このようなトマスに、「ほら、わたしだよ」、このように現れてくださるイエス様が、私たちのきょうの主であってくださることを、心から感謝したいと思います。その時トマスは何と言ったでしょうか。「私の主、私の神」。どんな気持ちだったでしょう。つい1週間前には、私は信じない、復活なんて、そんなばかばかしいこと、と言っていたトマスが、私の主、私の神とイエス様の事を受けとめました。

この世には、イエス様が神であることを否定する方々がいます。しかし、聖書には、復活のイエスさまが、トマスにご自身を現わされて、トマスが、私の主、わたしの神といったとき、イエス様は100パ―セントそれを受け止められました。もし、イエス様が神でなかったとするなら、これほど大きな冒とくはないはずです。どうか、聖書をしかりと読んで、イエス・キリストが神ご自身であること、三位一体の神様であることを確信していただくとともに、もう一つ、今度は、私たち自身、自分に問いかけてもらいたい。ほんとうにイエス様が、私の主になっていますか、ほんとうにあなたにとって、イエス様がわたしの神となっていますか。このことは、遜って、私自身も問いかけていることです。あなたにとって、わたしにとって、ほんとうにイエス様は、私の神、私の主と、その生活、あり方において証しされているでしょうか。そして29節、イエス様は「あなたは私を見たから信じたのですか。見ずに信じるものは幸いである」、このように仰いました。

第一ペテロ189を皆様でお読みしましょう。

1:8あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、いま見てはいないけれども信じており、ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどっています。 1:9これは、信仰の結果である、たましいの救いを得ているからです。 

ペテロは、誰よりもイエス様を手で、目で知っていたイエス様の弟子の筆頭格でした。このペテロが、福音を人々に伝えるとき、イエス様を、私は手で触り、目で見たお方だけれども、あなた方は、イエス様をまだ見てはいない、だけれども、信じているね、そして言葉にはつくせない栄に満ちた喜びに踊っている。そう、これは信仰の結果である魂の救いを得ているからなんだと言っていますが、これは、今の私たちにそのまま当てはまります。私たちは、残念ながらイエス様を見ていません。しかし、私たちは、私たちを愛して十字架で血を流してくださったイエス様の事を、そしてよみがえってくださったイエス様の事を信じて、心から喜びに踊っていることを経験します。感謝です。私たち、やがて信仰で神様を認めて歩むということをしなくていいときがきます。その時には、私たちには、目と目を合わせて、そのお方と見えることができるのです。それは、天において、私たちはイエス様と手と手を合わせて、目と目を合わせてこのお方と、救い喜びに踊ることができる、それが天国の歓びなのです。

これから墓地に行きますけれども、すでに天に召された方々は信仰を持たなくていいのです。もう神と共に、神さまの見えるところで歩んでいるからです。しかし、いま限られているこの地上生涯、あとどれだけ許されているか分かりませんけれども、ほんの短期間、この地上にある間、私たちは見ずして信じる信仰をもって歩みます。イエス様の愛と恵みを喜んでいますが、これは信仰の結果なのです。

 以前にもお話しましたが、蔦田二雄先生は「あなたたちが信仰を持って神様を信じて救いに与るのは、この地上にいるときだけの特権なんだ、見ないで信じるという、その信仰を働かせることができるのは、地上における最大の特権なんだ」と語られました。

 ヘブル1116
11:1信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。 11:2昔の人々はこの信仰によって称賛されました。 11:3信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り、したがって、見えるものが目に見えるものからできたのではないことを悟るのです。 11:4信仰によって、アベルはカインよりもすぐれたいけにえを神にささげ、そのいけにえによって彼が義人であることの証明を得ました。神が、彼のささげ物を良いささげ物だとあかししてくださったからです。彼は死にましたが、その信仰によって、今もなお語っています。 11:5信仰によって、エノクは死を見ることのないように移されました。神に移されて、見えなくなりました。移される前に、彼は神に喜ばれていることが、あかしされていました。 11:6信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。 

 私たちが、この地上において神様を満足させられるのは、全き信仰を働かせることであります。見えない望んでいる事柄を保証し、見えないものを確信させるその信仰、これを神様は、何よりも喜んでおられる。だから、信仰を働かせる機会のあるこの地上において、おもいっきり神様を喜ばせる働きをしようじゃありませんか。

 私たちはトマスのように、見なければ、触らなければ信じない、そういう価値観の中で生きてきました。しかし、ある時点で、聖霊によって、そうしなくとも信じる恵みが与えられており、見ずとも触らずとも信じることができる、これが最大の特権であり、イ―スタ―の恵みであることを覚えましょう。そして先ほども申しましたが、精いっぱい、神様に喜ばれるような歩みをしてまいりましょう。

※一部割愛した部分がございます。

|

« 主よみもとに近づかん | トップページ | 桜満開 »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/70341437

この記事へのトラックバック一覧です: イエスさまというお方:

« 主よみもとに近づかん | トップページ | 桜満開 »