« あすは2月 | トップページ | 夜明け »

作品数を増やしたい

  今朝のクラシック倶楽部は、チェコの実力派メンバーによる、パヴェル・ハース・クァルテット。バルトークの弦楽四重奏曲第5番、熱と気迫がこもっていた。バルトーク、幾度となく聴いていながら、鬼才であると感じたのは今朝のこと。club

 きょうからは少なくとも安閑としてはいられない思いが。人生は短いか長いか、永いか。あす死んでも不思議はない。できれば「あららら、ずいぶん簡単に、あっさりむこうに逝っちゃったのね」と言っていただくなり、ほっとしていただくなり、或いは、祝杯をあげてもらってもかまわない。ただ、そうすんなりといくかどうかが難しいところ。それで久方ぶりにウォーキング。やはり早朝に歩くのは清々しかった。spade

 午前は読書と教会と役所。午後も読書。必要に迫られての読書ではない。ただ無為に過ごすよりはましかと。snail

 詩を書きたい。アッキガイ、昨年の春から、時折この貝を眺めながら思っていた。詩の作品の数をもうすこし増やしたい。詩が、作品数を増やす目的で書くべきものかどうかは怪しいけれども。diamond

 

|

« あすは2月 | トップページ | 夜明け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/69450374

この記事へのトラックバック一覧です: 作品数を増やしたい:

« あすは2月 | トップページ | 夜明け »