« 読書 | トップページ | 「徹夜禱」 »

沿岸に響く楽の音 宮古ジュニア弦楽合奏団

Photo

 宮古ジュニア弦楽合奏団主幹第51回「音楽の夕べ」
この中には、音楽の系譜、梅村保氏から5代目がいます。

下は、宮古市の梅村ヴァイオリン教室で、梅村圭一先生の後を継いで下さっている小松(旧姓梅村)智佳子先生の演奏。

イメージ 2

9月15日に行われた 陸前高田 普門寺での 「バッハ演奏を五百羅漢に捧げる 10年企画コンサート」。(広島の方が企画しています。)
お客様は五百羅漢さんと地域の方々。  430体ほどになった羅漢さんの前で演奏してきました。
天気予報では雲が出そうな感じでしたが、演奏始まる前からお月様が顔を出しました。
今年も月明かりの元演奏することができました。
                ー小松智佳子先生のブログから転載ー

|

« 読書 | トップページ | 「徹夜禱」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/69115744

この記事へのトラックバック一覧です: 沿岸に響く楽の音 宮古ジュニア弦楽合奏団:

« 読書 | トップページ | 「徹夜禱」 »