« 松の内もおわる | トップページ | 白鳥 »

聖書のことば

024
 先週のインマヌエル盛岡キリスト教会の國光勝美牧師の元旦礼拝説教『わたしの恵みは、あなたに十分』では、第二コリント12:1~10のおことばが引証されました。
12:1無益なことですが、誇るのもやむをえないことです。私は主の幻と啓示のことを話しましょう。 12:2私はキリストにあるひとりの人を知っています。この人は十四年前に――肉体のままであったか、私は知りません。肉体を離れてであったか、それも知りません。神はご存じです。――第三の天にまで引き上げられました。 12:3私はこの人が、――それが肉体のままであったか、肉体を離れてであったかは知りません。神はご存じです。―― 12:4パラダイスに引き上げられて、人間には語ることを許されていない、口に出すことのできないことばを聞いたことを知っています。 12:5このような人について私は誇るのです。しかし、私自身については、自分の弱さ以外には誇りません。 12:6たとい私が誇りたいと思ったとしても、愚か者にはなりません。真実のことを話すのだからです。しかし、誇ることは控えましょう。私について見ること、私から聞くこと以上に、人が私を過大に評価するといけないからです。 12:7また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。 12:8このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、三度も主に願いました。 12:9しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。 12:10ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。

この日は、併せて、聖餐式がありました。

|

« 松の内もおわる | トップページ | 白鳥 »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/69156438

この記事へのトラックバック一覧です: 聖書のことば:

« 松の内もおわる | トップページ | 白鳥 »