« 「徹夜禱」 | トップページ | 松の内もおわる »

伐られた木

001

  左から最初の木が、伐り倒されて今はない枝垂桜。そしてその右隣が、やはり同じ年に切り倒されてない梅の木。つまりは木の遺影ともいうべき写真。スクロールさせているうちに、目に留まり、ああ、あんなにきれいに花を咲かせてくれたものをと、愛おしさがこみ上げた。人の都合で伐られてしまい、もう咲くことも実をつけることもない。人がそれをできなくしてしまったのだ。けれどもデータの中には、見事に咲いていた写真も保存されている。そこにすがたを留めている。そしてわたしが生きているあいだ、このPCの管理者たり得るうちは、そのすがたを思い出すことができるだろう。

|

« 「徹夜禱」 | トップページ | 松の内もおわる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/69143520

この記事へのトラックバック一覧です: 伐られた木:

« 「徹夜禱」 | トップページ | 松の内もおわる »