« 雪・雪・雪 | トップページ | もりおか歴史文化館の樹木と高松の池 »

バッハはいつも新しい

 日ざしのあるうちにと思いつつ、ややもすると翳りそうな昼過ぎになってからの外出。もりおか歴史文化館の樹木。空の青さを心ゆくまで眺め、清々しい冷気をいっぱいに吸いこんできました。

Dscf7002_2

 きのうはブランデンブルグ、きょうもブランデンブルグ。日々怒涛のごとくに曲が産み出され、ハイテクで次つぎに曲が誕生するなかで、なぜにおよそ260歳を超える曲たちを聴いているのか。聴く者たちの感性があまりに古いからなのか、そんな事はあるはずもなく、とどのつまり、バッハの曲は驚くなかれ齢をとらない。いつも新鮮で若々しく新しい。光を宿している分だけ、闇に隠れることがなく、葬り去られることもないのだ。

|

« 雪・雪・雪 | トップページ | もりおか歴史文化館の樹木と高松の池 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/69279215

この記事へのトラックバック一覧です: バッハはいつも新しい:

« 雪・雪・雪 | トップページ | もりおか歴史文化館の樹木と高松の池 »