« 映画 モーセの十戒 | トップページ | 100年生きられるかな? »

聖書のことば

Dscf7004

 先週のインマヌエル盛岡キリスト教会のメッセージの引証は、第二コリント12:1~10、
12:1無益なことですが、誇るのもやむをえないことです。私は主の幻と啓示のことを話しましょう。 12:2私はキリストにあるひとりの人を知っています。この人は十四年前に――肉体のままであったか、私は知りません。肉体を離れてであったか、それも知りません。神はご存じです。――第三の天にまで引き上げられました。 12:3私はこの人が、――それが肉体のままであったか、肉体を離れてであったかは知りません。神はご存じです。―― 12:4パラダイスに引き上げられて、人間には語ることを許されていない、口に出すことのできないことばを聞いたことを知っています。 12:5このような人について私は誇るのです。しかし、私自身については、自分の弱さ以外には誇りません。 12:6たとい私が誇りたいと思ったとしても、愚か者にはなりません。真実のことを話すのだからです。しかし、誇ることは控えましょう。私について見ること、私から聞くこと以上に、人が私を過大に評価するといけないからです。 12:7また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。 12:8このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、三度も主に願いました。 12:9しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。 12:10ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。

國光勝美牧師による説教、「弱さを誇るとは」

きょうは、もう一度、弱さを誇るとはどういうことであるかをテーマにしてみます。

「12:7また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。 12:8このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、三度も主に願いました。 12:9しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。 12:10ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。」

 パウロのような人にして、もしこのように肉体のとげが与えられていなかったならば、自分はペテロやヤコブたち12弟子たちとは比較にならないほど素晴らしい霊的な経験をしていると自慢し、高ぶりの気持ちを持ってしまう。あのパウロにしてです。ということは、ふつうの人間ならなおさらでしょう。

 罪というものの核、煎じ詰めて、いちばん奥底にのこるものは、なにかといえはば、それは傲慢です。神なしでやっていける、やっていきたい、罪のあらわれはいろいろあります。しかし、神なしでやっていきたい、それこそ悪魔の本質なのです。神のいうとおりにしなくとも、自分は自分の力で自分を輝かすことができる、神なしでやれるとする、それが罪なのです。

 アダムとエバを思い出し、悪魔のやりようを思い出してください。悪魔は「あなたはあなたの思うとおりにやればいいのだ」という、このあり方が傲慢です。この正反対のあり方をしたのがイエス様です。イエスさまは、無実でありながら私たちの罪を背負い、自分を空しくし、十字架にまで架かって、贖いを成し遂げてくださいました。ああ、そうか、わたしの罪のために。サタンの起源は今言った通り、まさしくそこにある。罪びとの表現に現れる内側のことを考えると、これは傲慢。一方、それと対極にあるのが、卑屈です。うまくいったときは傲慢になり、失敗すれば卑屈になる。人に褒められると傲慢になり、失敗すれば卑屈になる。そこに陥らないように注意深くありましょう。

 パウロはとげを取り除いてくださいと「三度も」主に願いましたといっていますが、この「三度」の意味を探りますと、

☆過ぎ越し、ペンテコステ、仮庵の祭りとユダヤの重要な祭りは三つあげられます。
☆同僚がダニエルを陥れようとしたとき、ダニエルは神の前にひざまづき、日に三度祈りました。
☆ペテロの失敗ですが、鶏がなくまえに、ペテロが、イエス様を三度否むという失敗、そしてイエス様は三度「私をあいするか」とペテロにきかれました。

 三度、それは真実さの度合いを表しています。それだけ真正面にとげという課題に取り組んでいるパウロのすがた。中途半端ではなく、真剣に問題に向き合い、そこにおいて神に扱われ、与えられた神のこたえが、たとえとげがあろうとも「わたしの恵みはあなたに十分である」と神はお答えになっている。

詩篇62はダビデの祈りです。パウロも苦しみにあるとき、次のように祈っています。

5 私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。
私の望みは神から来るからだ

また、神様のつぎのような私たちへの取り扱いもあります。

詩篇6211 神は、一度告げられた。二度、私はそれを聞いた。力は、神のものであることを。12 主よ。恵みも、あなたのものです。
あなたは、そのしわざに応じて、人に報いられます。

 聖書には、弱いことが決していいことだと書かれているわけではありません。ヨシュア記には「強くあれ、雄々しくあれ」とも書かれています。ところが悪魔は時としてこのことばを引き合いに出します。「あなたはどうなんだ、雄々しくあれといっているけれども、あなたは強くも雄々しくもないし、そうなれもしないだろう、そうできっこないんだよ」、こういって不信仰に陥れてしまいます。

 しかしここで、十字架をみあげてごらん。これは聖霊様がおっしゃる。自己ひげしているときに「イエスさまがあなたのために、すべてをなしとげてくださった。このお方をみあげようではないか。わたしの恵みはあなたに十分と聖書には書かれてある。どうか聖書にあるこのポイントをしっかりと見ましょう」。自分の弱さに着目させるのは悪魔の手段です。

ピリピ413私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。

 これは捉えようによっては、傲慢なのではないかと思われるでしょうか。いいえ、弱さを知っているからこそ、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。サタンは、こんなこと、あんなことといって不出来をついては失望させるでしょう。そのようなときこそ、イエス様をみあげ、神様の恵み、神様の十分な恵みとお力にこそ着目し、信仰をもって教会生活を全うさせていただこうではありませんか。

|

« 映画 モーセの十戒 | トップページ | 100年生きられるかな? »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/69328923

この記事へのトラックバック一覧です: 聖書のことば:

« 映画 モーセの十戒 | トップページ | 100年生きられるかな? »