« 聖書のことば | トップページ | あすは2月 »

岩手銀行赤レンガ館-国の重要文化財ー

 日常的に傍を通り抜けながら、一度も中に入ったことはなかった。「開館中」が目に入り、見学してみようかという気になった。

 1911(明治44)年に落成。設計者は辰野金吾とその教え子の葛西萬司。1994(平成6)年、国の重要文化財に指定。

Dscf7030_2

Dscf7024

Dscf7023

 金庫室の外側の鉄扉の内側についている日本橋馬喰町の竹内金庫の製造を示すエンブレム付きの銘板。

Dscf7026
金庫室

Dscf7027_2

 さて、多目的ホールを上から撮るにはここが最適と、二階ギャラリーに立ったところで、カメラの電池切れ。決めの一枚が抜けての報告となり残念です。それにしても、東京駅を設計した辰野金吾らによる設計、西洋に勝るとも劣らぬものをとの心意気がずっしりと感じられました。100年を経て尚、堂々たる風格を備え留めている建築物がこの街にもあったことを、やっと今頃になって知った次第です。

 

 この建物の前の交差点で、作家の井上ひさしがタクシーから降りたときのことも思い出しました。ちょうど信号待ちで偶然隣になり、「今から先生の講演を聴きにいくところです」と申し上げると、「そのボタンは自分で選んだの?」と服をご覧に。「はい」と答えたところで、信号が変わってしまったのでした。岩手銀行中の橋店時代とともに思い出されます。

 

|

« 聖書のことば | トップページ | あすは2月 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/69429160

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手銀行赤レンガ館-国の重要文化財ー:

« 聖書のことば | トップページ | あすは2月 »