« 12月11日第三アドベントの礼拝説教 | トップページ | エンドレス »

おお、もみの木よ

Dscf6372

もみの木♪(←クリックして是非お聞きください)

ドイツ北部に古来から伝わる民謡にヨハン・アウグスト・ツァルナック1777年 - 1827年de)とエルンスト・アンシュッツ1780年 - 1861年de)が共同で歌詞を付けたものである。また、原曲の旋律は労働歌赤旗の歌」やアメリカ合衆国コーネル大学校歌メリーランド州[1]及びアイオワ州の州歌[2]としても使用されている。
日本語の訳詞は野口耽介の手になるものが古く、他にも複数の訳詞が存在する。

ー以上の解説はwikipediaから転載ー

     もみの木   詩 ぶんな

 ばりばりと凍てつく朝も、
 真っ青に晴れわたるときも、
 深い霧がすっぽりとおおっても、
 雲が重く垂れこめても、
 雹が枝という枝を打ちたたいても、
 降りしきる雨の日も、
 満天の空に星が瞬くときも、
 きりりと空をみあげ、
 しっかりと硬く立つもみの木よ。
 おお、もみの木よ。        
              

 

|

« 12月11日第三アドベントの礼拝説教 | トップページ | エンドレス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/68909546

この記事へのトラックバック一覧です: おお、もみの木よ:

« 12月11日第三アドベントの礼拝説教 | トップページ | エンドレス »