« 雑感 | トップページ | 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。 出エジプト20:8 »

『はばたき』

 10月に突入といえるほどの勇ましい気概はない。カレンダーの9月が剥がされ、刻々と経過する時間に静かに自分サイズの存在を委ね、もうすこしは焦って自分を為すべきことに追い立てるべきところを、石に狭められた小川を笹舟で、ゆらめき映じる紅葉とともに流れくだるような心地で、9月と10月の境を渡る。

 46年ぶりの岩手国体がきょうから11日間。また明るい話題に賑わうだろう。

Dscf0722_2

岩手県民会館の右外壁の中空に立つ舟越保武作『はばたき』の像
 


|

« 雑感 | トップページ | 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。 出エジプト20:8 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/67749911

この記事へのトラックバック一覧です: 『はばたき』:

« 雑感 | トップページ | 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。 出エジプト20:8 »