« 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。 出エジプト20:8 | トップページ | 休んでばかりもいられない »

思いつくままに

 すこし頭がぼーっとしているけれども、思いつくままに。

 朝はやくに目を覚まし、きょうはウオーキングにしようか、クラッシク倶楽部を聴こうかなどと迷う。興味ある音楽をやっていれば、最低30分はTVに釘付けになってしまう。ほんとうは歩くことがよいのだ。健康寿命をのばすというだけではなく、とにかく第一歩を踏み出してみること。いま石原慎太郎の「天才」が書店に精彩を放っている。田中角栄に関する著書だ。そのことまで書くつもりは、PCのふたを開けたときにはまったくなかったのだけれども。この石原慎太郎が「さあ太陽を呼んでこい」を作詞している。作曲は山本直純。
 1.
夜明けだ 夜が明けてゆく
どこかで誰かが 口笛を
気持ち良さそに 吹いている
最後の星が 流れてる
(あかつき)の空 明けの空
もうじき若い 日が昇る
(以下、口笛またはラで歌う)
ララララ ララ ララララ ラ
ララララ ララ ララララ ラ
ララララ ララ ララララ ラ
ララララ ラララ ララララ ラ

2.
みんながみんな 歌うんだ
あの口笛に 合わそうよ
流れる雲が 輝くぜ
若いみんなの 歌声で
暁の風 朝の風
すばらしい朝を 作ろうよ

3.
この世に夜は いらないぜ
みんながこの手で 暁の
扉を空に 開くんだ
さあ太陽を 呼んでこい
暁の雲 朝の雲
望みの鐘を 鳴らそうよ

 よい詞をのこしてくれたなと思う。「暁の扉を空に開く」「さあ太陽を呼んでこい」とまっすぐに前に向う積極性が感じられる。

 ただけさは、雨もよいの空に気温も低め、これは草取りの絶好のチャンスと4時から作業開始。7時まで。第二ラウンドは11時まで。それほどきれいになったと言えないまでも、すっきりと風通しのよい空間をいくらかでも押し広げることができた。

spade

 毎年八月に開かれる宮古ジュニア弦楽合奏団主幹の「音楽の夕べ」、とても残念でしたが行きかねました。例年通り、弦楽合奏、地元の合唱団との連携、カワンバグスの出演。梅村ご一家、ドイツから一歳になられるお子様を連れて隆一ご夫妻も見えておられたようです。戦後の宮古の地に音楽の種を播き、宮古市民とともによいコンサートを持ち続けてこられたことは感謝なことです。

spade

 いま朝日新聞岩手版に三田照子さん98歳の戦争体験談が連載されています。三田照子さんとは、私が花巻在住であったときに岩手県芸術祭で小説部門にともに入選し合評会の会場でお会いしたのがご縁となりました。戦争体験の生の声を、私はこの方から初めてお聞きしたのでした。この方がクリスチャンであることも併せてさまざまな影響を受けております。98歳のお写真を新聞で拝見したときには驚きました。98歳で世の中に向かって語るべきことがある。75歳まで生きられたならと望んでいる私には驚異的ですらあります。これから後も語り部として、また文筆においても成果を見せていただけたならと期待するところです。

|

« 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。 出エジプト20:8 | トップページ | 休んでばかりもいられない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/66920342

この記事へのトラックバック一覧です: 思いつくままに:

« 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。 出エジプト20:8 | トップページ | 休んでばかりもいられない »