« 休息 | トップページ | 盛岡コメット混声合唱団演奏会(通算85回)-松田晃追悼演奏ー2016/6/25(土)開演13:30 »

待望の雨

P1140005

教会のある方が家を新築している。定礎式があるというので参加させていただいた。生コンを流しこんだ箱に聖書を納め、賛美歌を歌い、祈りとともに牧師が『2016年5月31日 定礎』と記し、これを土台に埋めこむ。神聖な儀式である。spade

 ついでにアカシアといってもニセアカシア(針槐)のことだが、写真に撮ろうとしたところ、ここのところの暑さで、花はもう過ぎていた。むしろその前に広がる水田に心惹かれ、比較的近場にこんな景色がまだ残っていたことにほっとする。club

 午後は、青の会の展覧会へ。きょうまでの展示。みな画風という域に達した作品ばかり。喫茶ママでコーヒーをのみながら、ご一緒した近所の方とのんびりとくつろぐ。heart

 夕刻になって、急にドヴォルザークの『新世界』第4楽章が聴きたくなり、you tubeから小澤征爾を聴く。一時期は飽きるほど、飽きても尚クレンペラーを朝晩聴いていたのだ。今になってなぜ突然に渇望を覚えるほどに聴きたくなったのかはわからないが、空洞に何ものかを充填されたように、一通り聴き終えたのちには充足感が得られた。クラッシックといってもあまりに有名で一般的ですらあるこの曲、いいものは誰にとってもいつであっても十分な滋養となってくれることを実感。diamond

 なかなか降らないと待ちに待った雨は、雷鳴を連れて一気に地上にあふれだし、ひっそりと闇をのこしてきれいに姿を消した。この列島のどこからかは火星が見えているだろうか。むこうは、今頃はサソリ座に遊びながら、アンタレスに並んで、今ぞとばかりに輝きを放っているにちがいない。「アンタレスさん、あの小さな島国では、またあの人が続投するらしい。否決されましたよ、否決」「それは困りました。怖いですね。打つ手はもうないんでしょうか」……さまざまさまざま盛りだくさんにあったこの五月、そしてこの五月三十一日もあと一時間で、深遠な過去のひとこまとなり、絶対者の記憶ボックスに一つもこぼたれることなく格納されるのだろう。明日は雨に潤された緑が待っている。spade

|

« 休息 | トップページ | 盛岡コメット混声合唱団演奏会(通算85回)-松田晃追悼演奏ー2016/6/25(土)開演13:30 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/65773297

この記事へのトラックバック一覧です: 待望の雨:

« 休息 | トップページ | 盛岡コメット混声合唱団演奏会(通算85回)-松田晃追悼演奏ー2016/6/25(土)開演13:30 »