« ウォーキング再開 | トップページ | 日曜日のおはなし 『霊と心と体』 »

早朝の岩山

 ウォーキング、岩山への坂道をのぼる。それほど息切れもしない。去年は「熊注意」の立て札に怖れをなし岩山ルートは散策コースから外したのですが、ことしはそれが無くなっていました。

P1130914

P1130916
P1130920_2
P1130923

P1130925_2
P1130929

P1130931
P1130932

  足元の花に、樹上に、林の奥に、木々の連なりに、道に、歌碑に、光に、眺望に、自分の陰にとカメラを向けながらゆっくりと歩いて2時間の岩山散歩。展望台まで歩けるとは思っていなかったが案外楽にのぼり、そして、南昌山、岩手山、姫神山の連なりの底に広がる盛岡市街をゆっくりと眺め、「盛岡の中学校の露台(バルコン)の欄干に最一度我を倚らしめ」と「ふるさとの山に向ひて言ふことなしふるさとの山はありがたきかな」の啄木の歌碑を経由。つつじを画像にしながら山をおりてきたのですが、一昨年はとてもひとりでのぼる気力はなかったのです。何かがどこかが強くなったのか強められたのか、何かに衝き動かされているものか、おそらくはそのどれもというところでしょう。五月の翠の美しさ、爽やかさ、みずみずしさ。透明な風の清々しさは一年を通じてこれに勝るものはないと思われます。


 

|

« ウォーキング再開 | トップページ | 日曜日のおはなし 『霊と心と体』 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/65487535

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝の岩山:

« ウォーキング再開 | トップページ | 日曜日のおはなし 『霊と心と体』 »