« アメイジング・グレイス | トップページ | 幻の桜 »

日曜日のおはなし 『二段階の救い』

 時間ごとのニュースで被災地の現況を知りながら過ごした昨日今日、何ともいわれぬ想いで心の中で祈り時間をやり過ごしたことでした。

P1130541_2

 先週のインマヌエル盛岡キリスト教会のおはなしは、「潔め(きよめ)」の大切さについてでした。前置き、連絡、先週の復習は割愛し、当日のメッセージの要点をおつたえします。

聖書引証 第一テサロニケ5:23~24

23 平和の神 ご自身が、あなたがたを全く聖なるものとしてくださいますように。主イエス・キリストの来臨のとき、責められるところのないように、あなたがたの霊、たましい、からだが完全 に守られますように。24 あなたがたを召された方は真実です から、きっとそのことをしてくださいます。

國光勝美牧師のおはなし≫

 聖霊のみたしを受けるまでは祈り求め続けるべきことsは、すでにおはなししましたが、きょうは、第一テサロニケ5:23,24をベースにきよめを学びます。

 先ず、神様はいったいどんなお方なのでしょう。三位一体の神様であるのですが、三位一体とは。これは父なる神、子なるキリスト、聖霊なる神がそれぞれの位格、パーソナリティーを持ちながら唯一の神なのであります。きよめを考えるとき、それぞれの神様の位置づけを明確にすることは大切です。
 
 23節に「あなたがたの霊、たましい、からだが完全に守られますように」とありますが、これが人間の三要素です。「たましい」は心と考えていいでしょう。この三要素の真中心を神が存在しそのところを占めているときには、人は人たり得ます。しかしその真中心に一旦罪が居座ってしまうと、霊の機能が狂い、人格はアンバランスな状態となります。

 こんどは、イエスさまにはなしを集中させます。イエスさまは、十字架に架かられ、陰府(よみ)に下され、三日目によみがえりました。これが復活です。その後、40日間は弟子達のまえに復活したご自身を現わされました。それから弟子達の見ている前で天にあげられ、神の右の座に着座されました。
 イエス様は、罪の贖いを成し遂げるという使命を完全に果たされて、天に帰られたのです。その後、約束の聖霊が降されました。聖霊降臨は、イエス・キリストが、神の右の座に着座された証しでもあります。そして今、イエス様は神様の御前で、私たちのために、執りなしの祈りをしてくださっているのです。真実に求める者に、よいものを与えようとしておられるのです。

 

 23節「あなたがたの霊、たましい、からだが完全に守られますように」、これは、第二の転機である「きよめ」があることを示唆しています。第一の転機は初めて信仰に立ったときの新生、義認であります。第二の転機とは信仰生活をしていく途上で求め与えられる聖霊のみたし、聖化のことです。いまここで、この第二の転機である「きよめ」をしっかりと捉えることは、今後信仰生活を続け、この地上を終えるとき栄化の恵みを受けるためには、非常に大切なことです。
 
 イエス様の十字架の恵みには、第二の転機までが含まれているのです。ですから、十字架の恵みによる回復があると知れば、信仰から離れることなどあり得ないのです。

 第一の転機で悔い改め、ただ恵みを受け取って救われました。それでも尚、罪に傾く性質、罪性がのこっていることを素直に認めて、心のすべてを差しだし、あなたの前に無条件降伏しますから主よよろしくお願いしますと神の前にすべてをあけ渡すなら、そのときにこそ、聖霊が心の中にみちてくださいます。これがきよめです。クリスチャンとしてここに到達するために、主が成し遂げてくださった十字架の恵みをそのまま自分にあてはめることです。24節のおことばを心に留めましょう。

 あなたがたを召された方は真実ですから、きっとそのことをしてくださいます。 
 

 

|

« アメイジング・グレイス | トップページ | 幻の桜 »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/65016558

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日のおはなし 『二段階の救い』:

« アメイジング・グレイス | トップページ | 幻の桜 »