« 午後はグレン | トップページ | 桜メール 有難う!! »

日曜日のおはなし 『主イエスの復活』

おはようございます!

 先週は、イースター講壇、そして聖餐式がありました。
 ここでは、インマヌエル盛岡キリスト教会のイースターメッセージをおつたえします。

P1130490

 聖書引証 マルコ16:1~8

1 さて、安息日が終わったので、マグダラのマリヤとヤコブの母マリヤとサロメとは、イエスに油を塗りに行こうと思い、香料を買った。2 そして、週の初めの日 の早朝、日が上ったとき、墓に着いた。3 彼女たちは、「墓の入口からあの石をころがしてくれる人が、だれかいるでしょうか。」とみなで話し合っていた。4 ところが、目を上げて見ると、あれほど大きな石だったのに、その石がすでにころがしてあった。5 それで、墓の中にはいったところ、真白な長い衣をまとった青年が右側にすわっているのが見えた。彼女たちは驚いた。6 青年は言った。「驚いてはいけません。あなたがたは、十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのでしょう。あの方はよみがえられました。ここにはおられません。ご覧なさい。ここがあの方の納められた所です。7 ですから行って、お弟子たちとペテロに、『イエスは、あなたがたより先にガリラヤへ行かれます。前に言われたとおり、そこでお会いできます。』とそう言いなさい。」8 女たちは、墓を出て、そこから逃げ去った。すっかり震え上がって、気も転倒していたからである。そしてだれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである。

≪國光牧師のおはなし≫

 旧約聖書におけるユダヤ教徒たちの安息日は土曜日です。安息日には何もしてはいけない、仕事も禁じられていました。そして、「日」は夕方で区切ります。「土曜日」というのは深夜を一日の始まりとする現代の時法 でいえば金曜日の日没から土曜日の日没までの間を言います。
 安息日が終わったので、イエス様の十字架の酷い死に心を痛める人々が、せめてイエス様の亡きがらに香油を塗って差し上げたいと墓の入り口にやってきました。アリマタヤのヨセフがイエス様を引き取り、自分のために準備してあった墓にイエス様を葬ったのでした。
  金曜日には十字架につけられ、土曜日は墓の中に。安息日が終わったので、女たちは悲嘆のあまりにローマ兵がいる事も墓が封印されていることも忘れて駆けつける。ところが石は除けられていた。イエス様がよみがえるという意識はこのときの女たちにはまったくない。
 右側には真っ白な衣を着た青年が坐っていました。なぜ御使いと書かずに青年と書いてあるのでしょう。おそらくマルコは、この女たちの気持をストレートに書いたのでしょう。女たちには、天使は青年にしか見えていないという事です。マルコ9:2,3をご覧ください。

2 それから六日たって、イエスは、ペテロとヤコブ とヨハネだけを連れて、高い山に導いて行かれた。そして彼らの目の前で御姿が変わった 3 その御衣は、非常に白く光り、世のさらし屋では、とてもできないほどの白さであった

 天使の白さ、輝きは、このようなこの世のものとは思われない真っ白な輝きなのです。しかし、彼女たちは、まだこの世的な見方しかできていません。
 女たちは、お弟子達とペテロへの伝言を預かりながらも、すっかり震えあがり、気も転倒したままです。
 ペテロとヨハネが聞いて、墓に走っていきます。ヨハネはペテロを引き離して墓に着くのですが、入り口で躊躇っている。ペテロは先に墓いに飛び込んでいきます。そこに包帯がのこされています。6節を心に留めましょう。人間的な理解の限界を越えられないでいる女たちへの天使のことばであり、きょうの私たちへのメッセージです。


「驚いてはいけません。あなたがたは、十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのでしょう。あの方はよみがえられました。ここにはおられません。ご覧なさい。ここがあの方の納められた所です。7 ですから行って、お弟子たちとペテロに、『イエスは、あなたがたより先にガリラヤへ行かれます。前に言われたとおり、そこでお会いできます。』とそう言いなさい。」

「よみがえられました」は、原語では「よみがえらせられた」という意味です。神様があの方をよみがえらせられた、だからここにはおられないのです。
 墓は滅びの象徴です。すべてを成し遂げてくださったお方は、いつまでも墓の中に身を横たえたままではいらっしゃいません。墓を打ち破り、よみがえられたのです。この事を私たちが受肉していったなら、いまが如何に迷路のようであり、出口が無く解決が見当たらないとしても、それは絶望的ではないのです。御使いは言うのです。恐れるな、神様はあの方をよみがえらせられたのだから。私たちがあの課題、この迷路から抜けだせないとしても、神様が成し遂げてくださる。これを信じ、自らに適用できるかどうかです。これをアーメンと受け取る事ができるなら、その人の信仰生涯は勝ち得て余りあるものとなります。

 イエス様の復活の事実をしっかりと受け留めましょう。t

※写真のイースターエッグは、ひろ子牧師が作ってくださいました。


|

« 午後はグレン | トップページ | 桜メール 有難う!! »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/64777066

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日のおはなし 『主イエスの復活』:

« 午後はグレン | トップページ | 桜メール 有難う!! »