« 日曜日のおはなし 『十字架の主を見上げて』 | トップページ | アラカルトな一日 »

久しぶりのラジオ体操

P1130437

 

もりおか歴史文化館前に集まりラジオ体操をする方々。

   ☆  ☆  ☆ 

 シューベルトの『死と乙女』を、ブラームスの『死と乙女』と書いていたらしい。しかし、直ぐ後には、シューベルトの『死と乙女』と書いている。何か考え事をしていたのか、ぼんやりしていたのか、何れシューベルト先生には「何たる不注意」と叱られそう。シューベルトが健康の衰えを自覚し、絶望的な心境で作曲したものらしい。
  第2楽章が歌曲「死と乙女 」D531 の旋律による変奏曲であるという。歌曲の方は聴いたことがなかったが、いま you tube に跳び、聴いてまた舞い戻ったばかり。

 
 


|

« 日曜日のおはなし 『十字架の主を見上げて』 | トップページ | アラカルトな一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/64450995

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのラジオ体操:

« 日曜日のおはなし 『十字架の主を見上げて』 | トップページ | アラカルトな一日 »