« 杮落としの曲に涙 | トップページ | 先達の苦労 »

400字詰め90枚通過

20140411_1522061
 きょうは『第九』。そちこち聴いているうちに、何と、you tube、,岩手県民オケの第九の岩手初演が出てきた。まさしくこのすばらしきひと時を掴もうと聴いていたわけだけれども。但し第一楽章、第三楽章のみ。第一、第四、眠っている方々もはっと目を覚ます第四があったかどうか、探すためにそれ以上の時間はかけない。見ると佐渡裕の10000人の第九も。ディスクでパーヴォ・ヤルヴィ、カラヤン、朝比奈隆、そういえば、バーンスタインは聴いていない。部分、部分を聴き比べ、これ以上、演奏を相対化してどうなるというのか、ぎりっとブレーキを踏む。岩手でも確か寺崎巖先生が1000人だったろうか、演奏したはず。
 この第九をワーグナーが取り上げている。以下は.wikipediaからの転載、怖々ですが。
1846年、ワーグナーは毎年恒例であった復活祭の直前の日曜日におこなわれる特別演奏会の演目として、ベートーベンの『第九』の演奏を計画。当時『第九』は演奏されることも少なく、忘れられた曲となっていたため猛反対の声が上がったが、徹底したリハーサルや準備のかいあってこの演奏は大成功に終わった。以後、『第九』は名曲としての評価を確立する。」

 民生関係で一つ用事も足し、空気を吸いにと庭に出たところが、あまりに雑然としているのを見かね、数時間片づけをする。3食の食事作りは当たり前。それでも説教の起しをすこしと、すこしの原稿書きで字数は90枚相当を通過。今月末締切。何とか春が来そうな目処が。ただまだ推敲が残っている。1月の校正も残っている。それでも何とか何とか春が来そうで、早々と水仙をアップしてみた。 

|

« 杮落としの曲に涙 | トップページ | 先達の苦労 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/62999269

この記事へのトラックバック一覧です: 400字詰め90枚通過:

« 杮落としの曲に涙 | トップページ | 先達の苦労 »