« クリスマスの青空 | トップページ | きょうのことば 『暗闇に輝く光』 »

一転、雪景色

P1130164

 

きのうの青空は一転、雪景色に。

 真夜中の地震、直下型のように感じられ怖かった。息子たちがいる関東は大丈夫かと思うも、それ以上の事はなくほっとする。時計は午前2時に近い。目が醒めてしまい原稿書きでもしようかと一旦は起き出したものの、後で反動が来るのを恐れ、Uターン。環境のこと(温暖化)などあれこれが頭を過り終止がつきそうにもない。そこで意識的に讃美歌を思い出すようにしたところが、よい睡眠効果が得られた。

 冬らしい冬の到来。今夕、除雪車は出動するだろうか。外を眺めていると、白い点描に、幼い子どもたちの笑う声、泣く声、だだをこねる声が聞こえるような気がした。きのう歩かなかったので、特に必要なものもなかったが、40分をかけてスーパーまでを往復する。

|

« クリスマスの青空 | トップページ | きょうのことば 『暗闇に輝く光』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/63161779

この記事へのトラックバック一覧です: 一転、雪景色:

« クリスマスの青空 | トップページ | きょうのことば 『暗闇に輝く光』 »