« 七宝ジュエリー展 | トップページ | 活字は明日から »

きょうのことば『聖書は神のことば』

 先週は、インマヌエル盛岡キリスト教会(℡019-646-2924)に訪問客がありました。日本国際ギデオン協会盛岡支部の方です。聖書普及のためにアッピールがありました。
 教会の皆さまにとっても喜ばしい出来事は、國光牧師夫妻に、待望のお孫さまが生まれました。未来に向かって順調に育っておられます。

開いている聖書

聖書引証 第二テモテ3:14~17
14 けれどもあなたは、学んで確信したところにとどまっていなさい。あなたは自分が、どの人たちからそれを学んだかを知っており、15 また、幼いころ から聖書に親しんで来た ことを知っているからです。聖書は あなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです。16 
聖書はすべて、神の霊感 によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。17 それは、神の人が 、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。

≪國光勝美牧師の説教の概要≫

 聖書はイエス・キリストへの信仰を教えています。聖書は心の糧です。

第二テモテ4章1節からをご覧ください。
1 神の御前で 、また、生きている人と死んだ人とをさばかれるキリスト・イエスの御前で、その現われとその御国を思って、私はおごそかに命じます。
:2 みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても 悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。
3 というのは、人々が健全な教え に耳を貸そうとせず、自分につごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、
4 真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。

 これが今の世の中の特色です。価値観が相対化し、絶対的権威というものを否定する価値観です。勿論ある時代には、教会が絶対的な権威を持った暗黒の時代もありました。さまざまな過程を経て今に至っているのですが、しかし、明らかに今の時代は、ひとそれぞれに絶対的な価値観を否定する。

 第二テモテ4:1は厳粛です。「おごそかに命じます」とあります。これは絶対的な権威をもって「みことばを宣べつたえなさい」とある。3節に「というのは、人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分につごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、
4 真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になる」
。まさに今の時代がそれです。

パウロは4章に「おごそかに命じます」「みことばを宣べつたえなさい」と言っています。絶対的な権威をもち、これこそ絶対的な基盤であるところの聖書を、この時代が相対的な価値観が支配している中に、これだけ、これこそ、聖書の言っていることだけがほんとうの確かなものであるという事を私たちは恐れずに主張して行く責任を負わしめられている。その意味において、それを失ったのならば、もはや地の塩ではあり得ない。もはや世の光とはなり得ない。それほどに、私たちはこの時代に、絶対的な権威を持っている聖書を掲げる責任、使命を神様から与えられている輩であると、自らを捉えなければならないと思います。

 聖書が絶対的な権威を持っている蔦田二雄先生の論証があります。

「一番目に、もし聖書の権威が否定されたとするなら、その瞬間に、教会は語るべきメッセージを失ってしまう。二番目に、世界と宇宙に関して語るメッセージを失ってしまう。人間とその起源について、その目的と義務について、メッセージを失って
しまう。我々が永遠性のある魂を持っているか否かについても、メッセージを失ってしまう。罪についてもそうである。裁きについても、呪いについてもそうである。イエス・キリストによる謝罪と、罪の赦しと、我等の救いについてメッセージを失ってしまう。イエス・キリストについて、聖霊について、死について、裁きについて、永遠について、人間の歴史とその終末について、もし聖書が神のことばでないとすれば、教会はその瞬間、語るべきメッセージを失ってしまう事になる」

 岩の上に家を建てるということです。このところ、岩盤に杭がしっかりと打たれているかどうかという建築上の問題が出ております。

 「聖書新改訳2017」が、2017年の秋に刊行となります。第二テモテ3:17の「聖書はすべて、神の霊感 によるもの」、これが土台となっております。聖書の奇跡もユダヤ民族の宗教的な文化遺産や神話としてではなく、聖書は誤りのない神のことばとする立場で翻訳されております。

※聖書刊行の歴史が詳しく説明されましたが、割愛させていただきました。

 

|

« 七宝ジュエリー展 | トップページ | 活字は明日から »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/62618677

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのことば『聖書は神のことば』:

« 七宝ジュエリー展 | トップページ | 活字は明日から »