« きょうのことば 『開かれた目と耳をもて』 | トップページ | 雑感 »

楽しかった!「古館ファミリー&前田史也&須藤亮典 コンサート」

写真をたくさん撮ったはずが、ちょっと手違いが……というわけで、


Img436Img426
 國光牧師夫妻のご息女A姉が制作してくださったチラシにまたの登場を。

 それにしてもピアノの前田史也(まえだふみや)さん、トランペットの須藤亮典(すどうりょうすけ)さん、ピアノの古舘理都(ふるだてりつ)さん、バリトンの古館良平さん、ファゴットの古館悠祐(ふるだてゆうすけ)さんと、音楽もトークもこの5人だからこその楽しさ愉快さでした。前田さんは教会にある古いオルガンも弾いてくださいましたし、須藤さんはトランペット演奏。
理都さんは楽しくてならないというご様子でピアノ伴奏。悠祐さんはファゴットを分解し解説、演奏。良平さんは、アリアを2曲、体内に実にすばらしい楽器をお持ちでした。いまわたしが音楽関連小説、評伝を書いている関係で、映画シベリア物語で歌われる「バイカル湖のほとり」を暗いさ中に透明なピアニッシモで歌われるそれをリクエストしたかったのですが遠慮しておきました。コンサート会場が教会であると、ずいぶんと硬く思われ引いてしまう方もいらっしゃるでしょうが、何のなんの、和気あいあいの楽しさ、会場は和やか、笑いが絶えませんでした。

 讃美歌、バッハ、日本の歌等など、すばらしい音楽を演奏。プロとしての研鑽を積まれた音楽家たちが、よくぞこの岩手まで来てくださいました。感謝です!
 また古館裕万(ひろかず)さん、信仰のお証し、賛美は心に浸みました。有難うございます!
 


|

« きょうのことば 『開かれた目と耳をもて』 | トップページ | 雑感 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/62124065

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しかった!「古館ファミリー&前田史也&須藤亮典 コンサート」:

« きょうのことば 『開かれた目と耳をもて』 | トップページ | 雑感 »