« きょうのことば 『わが恩恵なんぢに足れり』 | トップページ | 珍客 »

文芸誌『天気図』 13号  盛岡タイムス紙上に

Img414

 盛岡タイムスが、文芸誌『天気図』13号を取り上げてくださいました。
  県下の主な書店で取り扱っております。

【小説】浅沼誠子「お触れ廃止のあと(生類憐みの令)」、【詩】安住幸子「ちくわ」、【小説】北園力野「湯河原から」、【小説】東森りつ「金魚」、【本当にあった変な話】立川ゆかり「待っていたチヨさん」、【エッセイ】野中康行「成り行きの果て」、【児童文学】はらまもるさん「イーナきょうだいとボンタンゲン一族」、【児童文学】やえがしこうぞう「続 源じいとムササビ・ポンタのお話」 も掲載されています。編集長は立川ゆかりさん。渡邊治虫さんは、ただ今岩手日報に小説「風が吹く時」を連載中です。

     ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 思えば、わたしが毎年一つずつ『天気図』に寄稿してきたのは、立川さんのひと言「締切は○月末」に押されてでした。「今回は書けないかも」というと「あなたが損するだけですよ」。なにかほんとうに損をするような気分になってきて、ぼちぼちと書き始める。これがなければ、もしかすれば止めていたかもしれないですね。文学的野心などはとっくに失くしましたが、この「締切!」がある限りは書き続けられるかもしれません。

|

« きょうのことば 『わが恩恵なんぢに足れり』 | トップページ | 珍客 »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/60931682

この記事へのトラックバック一覧です: 文芸誌『天気図』 13号  盛岡タイムス紙上に:

« きょうのことば 『わが恩恵なんぢに足れり』 | トップページ | 珍客 »