« 大木の伐採 | トップページ | 太田の小正月にシンフォニエッタ盛岡のメンバーが出演 »

きょうのことば

 おはようございます! きょうの積雪はとみれば、木の上に新たな雪はなく、ほっとしている。1月に入ってからは、ほとんど家にこもりきり。きょうも家で慎重に過ごした方がよさそう。きのう送っていただいた説教のデータ便に入っていた聖句を書かせていただきます。

詩篇32篇
1 幸いなことよ。そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。
2 幸いなことよ。が、咎をお認めにならない人、その霊に欺きのない人は。
3 私は黙っていたときには、一日中、うめいて、私の骨々は疲れ果てました。
4 それは、御手が昼も夜も私の上に重くのしかかり、私の骨髄は、夏のひでりでかわききったからです。セラ
5 私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。「私のそむきの罪をに告白しよう。」すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました。セラ
6 それゆえ、聖徒は、みな、あなたに祈ります。あなたにお会いできる間に。まことに、大水の濁流も、彼の所に届きません。
7 あなたは私の隠れ場。あなたは苦しみから私を守り、救いの歓声で、私を取り囲まれます。セラ
8 わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道を教えよう。わたしはあなたがたに目を留めて助言を与えよう。
9 あなたがたは、悟りのない馬や騾馬のようであってはならない。それらは、くつわや手綱の馬具で押さえなければ、あなたに近づかない。
10 悪者には心の痛みが多い。しかし、に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。
11 正しい者たち。にあって、喜び、楽しめ。すべて心の直ぐな人たちよ。喜びの声をあげよ。

|

« 大木の伐採 | トップページ | 太田の小正月にシンフォニエッタ盛岡のメンバーが出演 »

教会」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。1923年のHeifetz氏来日の件です。本日アメリカ在住のヴァイオリニスト、アン アキコ マイヤーさんがFacebookにHeifetz氏の着物をきて三味線を弾く写真を載せていらっしゃいます。わたくしは英語が堪能ではなく、申し訳ないのですが、氏が1923年の日本の地震の被害に協力したというような内容が書かれているのではないかと思います。ご存知でしたら失礼します。ご一報させていただきました。2015.01.19

投稿: maria | 2015年1月19日 (月) 02時06分

mariaさま

ハイフェッツに関するご連絡、ありがとうございます。現在フェイスブックまでは見ておりませんでしたが、やはりこうなれば……でしょうか。わたしも英語は弱いですが、拝見してみます。

投稿: 中ぶんな | 2015年1月19日 (月) 09時26分

深夜に失礼しました。英語のわかる、身内にききましたら地震の被害にむけて三味線をひかれた。と言う内容のようです。天才はなんでも弾けるのですね。m(__)m 大変、貴重なお写真です。是非、ご覧になってください。わたくしは保存いたしました。ブログにまた、寄らせて頂きますね♪

投稿: maria | 2015年1月19日 (月) 11時07分

mariaさま
実はいま、時間的に厳しくまだ見ておりませんでした。ただ、お知らせ頂いたことは、必ず何らかの形で生かします。
宜しくお願いいたします。

投稿: 中ぶんな | 2015年1月19日 (月) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/58615912

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのことば:

« 大木の伐採 | トップページ | 太田の小正月にシンフォニエッタ盛岡のメンバーが出演 »