« 10月は後ろに | トップページ | シンフォニエッタ盛岡 もりおか歴史文化館で演奏 »

きょうのことば 『歴史の中に立つ教会』

 靄の下に町並みを望むこの朝、また新しい一日に踏み出すことができる、感謝なことです。
 先週、インマヌエル盛岡キリスト教会(℡019-646-2924)では、宗教改革についてのメッセージがありました。

Img346聖書引証 ローマ1:16~17
16 私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。
17 なぜなら、福音のうちには神の義が啓示されていて、その義は、信仰に始まり信仰に進ませるからです。「義人は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。

      ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 きょうは、親せき筋に不祝儀があり、教会を欠席しましたが、いままた先週のメッセージを思い巡らし、書き足すのですが、

 当時の東西ローマに関する解説、また、ルターの宗教改革の時代の政治的な背景等などありましたが、この日特にまた自分に明記したのは、「万人祭司主義」について、「祭司を通さずとも信仰によって直接神とまじわることができる」というところでした。またカルビニズムの正しい理解も記憶を新たにした事です。

|

« 10月は後ろに | トップページ | シンフォニエッタ盛岡 もりおか歴史文化館で演奏 »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/57862729

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのことば 『歴史の中に立つ教会』:

« 10月は後ろに | トップページ | シンフォニエッタ盛岡 もりおか歴史文化館で演奏 »