« メンデルスゾーン作曲 オラトリオ『聖パウロ』演奏会ー盛岡バッハ・カンタータ・フェライン主催 2014/11/24(月)午後2時30分開演 キャラホール(盛岡市都南文化会館) | トップページ | たてつづく災害に心痛む »

きょうのことば 『新しく生まれよ』

  おはようございます!! すじ雲は見えますが、青空が広がるよい天気です。

インマヌエル盛岡キリスト教会(℡019-646-2924 )、先週は、河村襄先生と河村迪子先生をお迎えしての特別集会でした。

 聖書引証 ヨハネ伝3:1~15
1 さて、パリサイ人の中にニコデモという人がいた。ユダヤ人の指導者であった。
2 この人が、夜、イエスのもとに来て言った。「先生。私たちは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神がともにおられるのでなければ、あなたがなさるこのようなしるしは、だれも行うことができません。」
3 イエスは答えて言われた。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」
4 ニコデモは言った。「人は、老年になっていて、どのようにして生まれることができるのですか。もう一度、母の胎に入って生まれることができましょうか。」
5 イエスは答えられた。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることができません。
6 肉によって生まれた者は肉です。御霊によって生まれた者は霊です。
7 あなたがたは新しく生まれなければならない、とわたしが言ったことを不思議に思ってはなりません。
8 風はその思いのままに吹き、あなたはその音を聞くが、それがどこから来てどこへ行くかを知らない。御霊によって生まれる者もみな、そのとおりです。」
9 ニコデモは答えて言った。「どうして、そのようなことがありうるのでしょう。」
10 イエスは答えて言われた。「あなたはイスラエルの教師でありながら、こういうことがわからないのですか。
11 まことに、まことに、あなたに告げます。わたしたちは、知っていることを話し、見たことをあかししているのに、あなたがたは、わたしたちのあかしを受け入れません。
12 あなたがたは、わたしが地上のことを話したとき、信じないくらいなら、天上のことを話したとて、どうして信じるでしょう。
13 だれも天に上った者はいません。しかし天から下った者はいます。すなわち人の子です。
14 モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければなりません。
15 それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」

20140928_150122_2

 河村襄先生は、なかなか砕かれない自我、罪について語られ、悔い改め、十字架の血潮を信じることによって得られる罪の赦しについてお話しくださいました。なぜ十字架を信じるだけで救われるのか、そんなバカなことがどうして信じられるのかと理屈をこねて信じなかったものがどうなるかを、旧約聖書から、掲げられた青銅の蛇を単純に信じたものが救われた記事を引いてお話しくださいました。

 わたしが今更ながらに教えられたのは、聖書の通読のこと。生きているうちに隅から隅まで読まないで終わってしまうのではないか、特に旧約聖書には読んでいない部分がある。このブログを止めて、新たに別なブログを開設し、聖書全巻を書きこんでいく作業をすれば、網羅できると考えた事もある。実際やり遂げた方々がいらっしゃる。
 弛まずに毎日聖書を読む、これは今以って私の課題でもある、これが正直なところだ。ただ、この教会に通い続けたお陰で、旧約聖書(キリスト誕生以前の聖典)、新約聖書(キリスト誕生から記された聖典)ともにかなり系統的に、構造的に、気付いてみれば、自分にしてはしっかりと学ぶことができていた。教えていただいていたと言った方が言い得ているのですが。
 何れ私の場合には、聖書通読、これが説教から今一度問われた事でした。

20140928_142557

 河村迪子先生、女傑タイプの、実に理路整然とした信仰の体験談に魅入られました。このような理論に長けた女性はどのような入信の経緯を辿ったのかと興味津々でしたが、科学者を目指し、事実、実現可能な進学を果たした時に、神様と徹底的に向き合うことになり、悔い改め、信仰告白という道を辿られ、献身され、牧師夫人として深い納得のある人生を歩まれていました。

 今回の特別集会で大変嬉しかったのは、お連れした方が、「とても感動した、これから引っ越して盛岡を離れるけど、聖書を読みながら暮らしていきたい」と言ってくださった事でした。

 確かに神の赦しはあり、そして神の励ましはある、これは自らが実感するところです。不思議な事に「この日は、この日は主が造られた♪」という讃美歌が心に通う時、その日のうちに必ず良い事があるのです。失敗も多く、いつまで経っても不完全な私には、神様の叱責、訓戒もある、時としては痛いほどの凝らしめを受けることもある、しかし神様は、しばしば良き訪れを予告してもくださいます。そしてその予告がもたらすものは、不安なく安心して受けることのできる、決まって心から喜べるものでした。

|

« メンデルスゾーン作曲 オラトリオ『聖パウロ』演奏会ー盛岡バッハ・カンタータ・フェライン主催 2014/11/24(月)午後2時30分開演 キャラホール(盛岡市都南文化会館) | トップページ | たてつづく災害に心痛む »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/57577467

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのことば 『新しく生まれよ』:

« メンデルスゾーン作曲 オラトリオ『聖パウロ』演奏会ー盛岡バッハ・カンタータ・フェライン主催 2014/11/24(月)午後2時30分開演 キャラホール(盛岡市都南文化会館) | トップページ | たてつづく災害に心痛む »