« 気になるエボラ出血熱 | トップページ | きょうのことば 『磐上の家』 »

詩篇23篇

 台風11号襲来。深刻化する災害に臨んで、情報に耳を澄まし、それなりの対応を取るべき事を念頭に、心に通うシェルターともいうべきことばは、詩篇23篇。

20140504_133037

1 は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。

2 主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。

3 主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。

4 たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。

5 私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。

6 まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、の家に住まいましょう。

|

« 気になるエボラ出血熱 | トップページ | きょうのことば 『磐上の家』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/57038247

この記事へのトラックバック一覧です: 詩篇23篇:

« 気になるエボラ出血熱 | トップページ | きょうのことば 『磐上の家』 »