« 太田クァルテット主催 「家庭音樂會」 大正12年8月29日(水曜)午後6時 太田クァルテット事務所(梅村保宅) | トップページ | 「太田クァルテット創立100周年記念 クァルテットの夕べ」 2014/7/21(月) 16:00~17:20 岩手県立美術館グランド・ギャラリー  »

太田クァルテット主催「文藝講演會」は大正12年であり、また吉井勇は来ていません

 大正時代の弦楽四重奏団太田クァルテットは、岩手における初の弦楽四重奏団でした。彼らの演奏がどのようなものであったか音源はありませんが、この四重奏団が数々のコンサートや文藝講演会を主催した事は当時の新聞記事や現存するプログラムなどで知ることができます。
 その文化事業のなかでも「文藝講演會」は華々しいものでした。これがある著書には大正13年であると書かれています。しかし、当時の新聞を開いてみますと、大正12年であることがわかります。それと、翌日16日の新聞を見ますと、吉井勇は来ていません。彼はドタキャンしたのです。とはいうものの、当時の人気作家2人を、榊原直とともに招聘しているのです。16日の3面には、講演の要旨も掲載されています。興味のある方は岩手県立図書館か上田公民館のマイクロで簡単にご覧になれます。
Img299
Img300

|

« 太田クァルテット主催 「家庭音樂會」 大正12年8月29日(水曜)午後6時 太田クァルテット事務所(梅村保宅) | トップページ | 「太田クァルテット創立100周年記念 クァルテットの夕べ」 2014/7/21(月) 16:00~17:20 岩手県立美術館グランド・ギャラリー  »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/56830110

この記事へのトラックバック一覧です: 太田クァルテット主催「文藝講演會」は大正12年であり、また吉井勇は来ていません:

« 太田クァルテット主催 「家庭音樂會」 大正12年8月29日(水曜)午後6時 太田クァルテット事務所(梅村保宅) | トップページ | 「太田クァルテット創立100周年記念 クァルテットの夕べ」 2014/7/21(月) 16:00~17:20 岩手県立美術館グランド・ギャラリー  »