« 友だちの絵画ー大信田時子さん盛岡芸術祭 部門賞にー | トップページ | 樹木をあおいで »

 5月から地域で受け持たせていただく役割の内容が変わったために、1日大忙しだった。しかし神様の御心には適うお役目かと思う。それと家周りの草とり、発送等など。

 いまいちばん明るくさわやかな樹木のあの色はと、「色の名前の一覧」を検索してみた。「きみどり」ではない。「シャトルーズグリーン」でもない。「もえぎ」でも「リーフグリーン」でもない。光を通して明るく眩しいあの葉の色に相応しい色はパレットには見当たらない。あの葉っぱの色彩のいわく言い難い、どんな色をもってしてもそのものとはなり得ない輝き、それが命なのだろう。

|

« 友だちの絵画ー大信田時子さん盛岡芸術祭 部門賞にー | トップページ | 樹木をあおいで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/56034692

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 友だちの絵画ー大信田時子さん盛岡芸術祭 部門賞にー | トップページ | 樹木をあおいで »