« きょうのことば『第二の転機』ー深みに漕ぎ出してー | トップページ | 東日本大震災 3周年のきょう »

松田晃リサイタル“音楽生活50年+13” を聴く

 

Img257
“音楽生活50年+13”。雫石環先生のピアノの響きを楽しみながら、松田晃先生の歌曲を聴く機会が与えられ感謝でした。作曲家のエピソード、またご自身の思い出などを交えての演奏は楽しいものでした。

Img262

 加藤學作曲からは、今回は石川啄木「ふるさとの山に向ひて」でした。木下牧子「さびしいカシの木」の作詩がやなせたかし。木下さんは平成5年に岩手でプレ国民文化祭があったとき、合唱吹奏楽の曲を委嘱されたが、そうしてできたのが宮澤賢治の『春と修羅』だったという。難しい曲だったらしい。この曲を創るために、木下さんは、新幹線で来県し、県の車で盛岡から平泉、一ノ関と回られたとき、松田先生がご一緒したという。
 このようなお話を聞くことができるのも、このコンサートの楽しみのうちです。来年の会場も予約済み、リサイタルはまだまだ回を重ねます。
 

|

« きょうのことば『第二の転機』ー深みに漕ぎ出してー | トップページ | 東日本大震災 3周年のきょう »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/55317627

この記事へのトラックバック一覧です: 松田晃リサイタル“音楽生活50年+13” を聴く:

« きょうのことば『第二の転機』ー深みに漕ぎ出してー | トップページ | 東日本大震災 3周年のきょう »