« きょうのことば『深みに漕ぎ出して-2』 | トップページ | 心遣い »

あおぞら

P1100833aozora

 日曜日に教会から帰って車を下りたときに、空を見上げると、真っ青な空がのぞき、眩い光が。いつもは平凡な一角が、青空と雲と雪のありようで、すばらしい清々しい一角に造られていた。聖書のことばがまたしても思い出された。

 そのとき神は「光よあれ!」と仰せられた。すると光があった。 神はその光を見て、良しとされた。神はその光と闇とを分けられた。

 今朝は5時半起き。散歩はしなかったが、軽体操を。読まなければならない本もあるが、今は暇が無い。そちこちに非礼をしており、申し訳ないと思う事しきり。
 窓の外は雪が降っているようだ。降っているさまは見えないが、ついた足跡が消えている。 

|

« きょうのことば『深みに漕ぎ出して-2』 | トップページ | 心遣い »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/54682883

この記事へのトラックバック一覧です: あおぞら:

« きょうのことば『深みに漕ぎ出して-2』 | トップページ | 心遣い »