« 今朝の風景 | トップページ | ~シンフォニエッタ盛岡 with fレンズ~秋のアンサンブルコンサート 2013/10/12(土)13:30~盛岡市民文化会館・小ホール »

ヴァイオリニストi池田盛雄氏のこと

 村井正一氏の関連で、そちこちを見ているが、太田カルテットについて、どうしてもどこかに書き残したいとの思いから、岩手日報の「ばん茶せん茶」に寄稿していたのが池田盛雄氏である。

以下は昭和49年の村井氏との対談記事からの抜書き

 「役人った父親が大正元年に辞めて、盛岡市の肴町に大正堂薬局を開業。氏はこのとき7歳だった。長兄武紀は薩摩琵琶、次兄勇左はバイオリン、三兄隆三はマンドリン、盛岡生まれの盛雄は何をやるか未定のまま盛岡中学校(現盛岡一高)に入った。勇佐は若死にしたが、勇佐の無二の楽友はヴァイオリニストであり柔道7段の赤沢長五郎だった。

 盛岡中学校には、当時英語教師の上原寿造先生(退役陸軍少佐、元北白川宮御付武官)がいて、音楽部を創設し、合奏、合唱の指導をしていた。校内演奏会も盛大に開催した。上原先生はバイオリン、ビオラ、ピアノ、トロンボーンをこなした。自宅にはピアノがあった。音楽部員の影響から、ヴァイオリンを習う」

 日本初の交響楽団である、山田耕筰率いる日本交響楽協会には岩手県人がいたが、榊庄ニ(第二ヴァイオリン、盛岡市出身)、池田盛雄(盛岡市出身、第二ヴァイオリン)、千葉(一関)の3人だったという。

 

|

« 今朝の風景 | トップページ | ~シンフォニエッタ盛岡 with fレンズ~秋のアンサンブルコンサート 2013/10/12(土)13:30~盛岡市民文化会館・小ホール »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/53228264

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリニストi池田盛雄氏のこと:

« 今朝の風景 | トップページ | ~シンフォニエッタ盛岡 with fレンズ~秋のアンサンブルコンサート 2013/10/12(土)13:30~盛岡市民文化会館・小ホール »