« 立川ゆかり氏の『是空の作家・光瀬龍』連載最終回ーSFマガジン10月号(早川書房)ー | トップページ | 夕焼け »

見えずとも見える眼

 何を書こうかと迷う日のために、ちょっと出かけたときには、写真を撮りだめしている。
 これも岩山動物公園内。さまざまな種類のアジサイがある。もうシーズンは過ぎたけれどもアップしておきます。動物園とはいえ、植物そして豊かな樹木がすばらしい。

099ajisai

083ajisai
 
 081 

    ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 近頃は、座っている時間が長い。このままではいけないと思い、この2日間、早朝に歩いている。たまに犬を散歩させている方々、同じ意識を持った方々とすれ違う。今朝は眼の不自由なご夫婦かと思うが、白い杖をもっているのだが、けっこうな速さで黙々と歩いてゆかれる。大丈夫かな、スピードが意外だった。路上でことばをかけたことはないが、思わず「おはようございます!」と挨拶すると、男の方が大きな声で「おはようございます!」、そして腕を組んだ女の方が、これもまた大きな声で「ありがとうございます!」と返してくださった。あのスピード。あの方々は白い杖を持っている。しかし心の眼は開いているな、そう思った一瞬の出会いだった。

|

« 立川ゆかり氏の『是空の作家・光瀬龍』連載最終回ーSFマガジン10月号(早川書房)ー | トップページ | 夕焼け »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/53077304

この記事へのトラックバック一覧です: 見えずとも見える眼:

« 立川ゆかり氏の『是空の作家・光瀬龍』連載最終回ーSFマガジン10月号(早川書房)ー | トップページ | 夕焼け »