« きょうのことばー『砕かれる恵』ー信仰の人たちに学ぶー | トップページ | 野崎千賀子先生のフルート演奏ー自治会のいきいきサロンでボランティアー »

シンフォニエッタ盛岡 2013年春のコンサートを聴く

 シンフォニエッタ盛岡 チェンジ!
どなたのデザインかわかりませんが、一転クラシックな雰囲気に。畑村代表の挨拶にもありましたが、指揮も前任の先生が退任され、こんどは小野佳保先生が引き継がれていました。6回の出演者の方々のお名前を辿りながら7回の方々を書かせていただき、メンバーの変遷もすこしわかりました。

Img159
 
 第一回から毎回楽しく聴いていますが、モーツァルトと日本の歌メドレーが定番かなと思っていたところ、第二回の大向佐保さんのクラリネット協奏曲を聴いてからは、イメージが変化。そして今回は24番と水原良子さんのピアノ協奏曲。かなり早くから綿密に練習を積まれたとのこと。盛岡の音楽家たちだけで奏でる協奏曲にはまた格別な感慨がありました。24番はホールいっぱいに明るく響きわたり、また協奏曲も力強くドラマティックでした。

 前回までは、曲のアレンジを無頓着に聴いておりました。第一回から佐藤公治さん担当。私にとってアレンジは心地よければそれでよいというものでした。しかし今回、主旋律を支える旋律の方を選択的に聴いてみると、このアレンジがいかに難しいものかがわかりました。楽器にアレンジの意味が汲み取られているかどうかも吟味しての演奏なのだろうと思いました。

Img161
 ロビーでの出迎えコンサート、これはシンフォニエッタ盛岡ならではのもの。ホールへの階段を下りていくと、何やら足元から楽の音が。ああ、自分は今音楽会に来たんだな、そう思えるひと時。今回はショーロ、これはブラジルのポピュラーのジャンルの一つであるようだ。「ティコティコ」など、ラテン系サウンドの登場。演奏は去年の秋のアンサンブルコンサートに出演したフルート(佐々木宏)とギター(千葉幸成)、そして、(本郷由紀子)のトリオ。明るく軽快なリズムが少々疲れ気味の下向きな気分を引き揚げてくれました。

 近頃は音楽会に足を向けない主人も、シンフォニエッタ盛岡には出向きます。誘った友だちに聴いたところ、「楽しいね~」。この楽しさがシンフォニエッタなのかも。実感のこもった一人のこの言葉のまわりには、同じ感想を持たれている多くの方々がいらっしゃるはず。
 創生に関わられた成田浩先生が、ご夫妻で観客席で演奏を見まもっておられました。一昨年までは、ヴァイオリンでステージにおられました。多くの方々がご挨拶に。

ごくろうさまでした。そしてありがとうございました!!

【演奏メンバー】

 ヴァイオリン:相川直子/高橋由香利/大森久仁/北川貞之 /熊谷友見子/柴田紀子/鈴木道子/武田浩/宮野ゆかり○/藤浪路奈/古舘翔太郎♪   ヴィオラ:小原学/佐藤俊樹/田村絵里香/橋本剛行  セロ:安保尊/佐々木松子/畑村保裕/民部田里美  コントラバス:田代毅/白築真夏♪  フルート:佐々木宏/樋口さとみ/松舘紘子   オーボエ:今野朋枝/佐藤光彦  クラリネット:堀江淳/堀江稔英子♪  ファゴット:佐藤雅宏/西舘ゆかり/塙佳代子  ホルン:畑澤巧/高橋瑠依♪  トランペッ ト:中台雅之♪青柳一恵♪  パーカッション:本郷由紀子♪ 指揮:小野佳保(おのよしお)

○コンサートミストレス♪エキストラ

 表記、親しみから「さん」付けにした方もありますが、敬称略の団員の方々も、ソロの方々もみな先生とお呼びできる方々です。

|

« きょうのことばー『砕かれる恵』ー信仰の人たちに学ぶー | トップページ | 野崎千賀子先生のフルート演奏ー自治会のいきいきサロンでボランティアー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

中ぶんな様
シンフォニエッタ盛岡のpacocaです
私達の演奏会に いつも温かいコメントをいただき ありがとうございます
演奏会は たった一回限りですが、私達にとっては 一年間の練習の集大成であり、その間の様々な思いが いっぱいに詰まった演奏会でもあります  
音楽への感謝、仲間への信頼・・・ 
アマオケは 演奏の出来、不出来はありますが ”共感”こそが 私達をつなぐ 大事なキーワードではないかと思います
なお、勝手ながら 中ぶんな様のこのblogを 私のfacebookにシェァさせていただきました 
今後とも よろしくお願いします

投稿: pacoca | 2013年5月22日 (水) 22時31分

pacocaさま
5月が近づきますと、シンフォニエッタのブログの練習日程などを拝見しながら、何か気ぜわしいような心境で演奏の日を待っております。これには、自分もオケで弾きたかったなという果たせなかった夢の実現を、団員の方々が果たしておられるのを拝見するのが楽しみという側面もあります。
誰もが気軽に足を運び音楽を楽しむことができる心配りに、またこちらも気軽に友だちを誘うことができます。そして誘った方々にも喜んでいただいております。
たしかに“共感”こそは生演奏でのみ得られ、それは、多少音が外れていた(バイエルン放送SOでさえもホルンの音が若干はずれていましたが)といったような細かなキズで決して損なわれるものではなく、むしろそれを超えるとも思われます。
またの演奏会を楽しみにしております。
訪問、また、フェイスブックにシェアいただいたとのこと、有難うございました。

投稿: 中ぶんな | 2013年5月23日 (木) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/51709074

この記事へのトラックバック一覧です: シンフォニエッタ盛岡 2013年春のコンサートを聴く:

« きょうのことばー『砕かれる恵』ー信仰の人たちに学ぶー | トップページ | 野崎千賀子先生のフルート演奏ー自治会のいきいきサロンでボランティアー »