« 雪のあさ | トップページ | 迎春 宮古ジュニア弦楽合奏団 »

ペチカ

 ここのところよく冷え、よく雪がふる。きのうなどは盛岡バイパスも、わたしが通った区間のかぎりでは圧雪となっていた。真っ白な路の前方3か所の交差点の信号がみな赤となる。銀世界に火の球が浮かんでいる。

 雪のふる昼ではなく、雪のふる夜の歌だけれども、『ペチカ』が思い出された。大正14年につくられた曲のようだ。ペチカは、日本では一般的にロシア式
暖炉 を指していうらしい。

   ペチカ♪     

雪の降る夜は 楽しいペチカ
ペチカ燃えろよ お話しましょ
昔 昔よ 燃えろよペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ
ペチカ燃えろよ 表は寒い
くりやくりやと 呼びますペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ
ペチカ燃えろよ じき春来ます
今にやなぎも もえましょペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ
ペチカ燃えろよ だれだか来ます
お客さまでしょ うれしいペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ
ペチカ燃えろよ お話しましょ
火の粉ぱちぱち はねろよペチカ
 

作曲:山田耕筰
作詞:北原白秋

 わが家には勿論ペチカはない。一般的なファンヒーターだ。居間がいちばんあたたかく居心地がいい。主人がパソコンを持ちこみ、帰省中の息子もパソコンを設置、さながら共同書斎のようなありさまとなっている。私までが持ち込むスペースはないのだが、私には書かねばならない緊急性はない。もっぱら取り片づけ方に専念。二男と私は書くときには自室にこもる。

 火のあたたかさをさまざまに思いだす。子どもの頃、近所の方に連れられ、弟と共に岩手山の8合目に宿泊したことがある。夏だったがとても寒くて眠るどころではなかった。
そんなときに、誰かがストーブに薪を燃やしてくれたのだ。みなで感謝しながら温もったことがある。温かい火の思い出は、多くが、肉親や他人の温かさとともに思いだされる。

|

« 雪のあさ | トップページ | 迎春 宮古ジュニア弦楽合奏団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/48601223

この記事へのトラックバック一覧です: ペチカ:

« 雪のあさ | トップページ | 迎春 宮古ジュニア弦楽合奏団 »