« 「ここに愛がある」江藤博久キリスト教講演会ー2012/11/4(日) AM10:30~12:00 昼食 13:30~15:00 - - | トップページ | シンフォニエッタ・盛岡「チェロとヴァイオリンの調べ」 »

きょうのことば 『あなたは、わたしに従いなさい』-ヨハネ伝連講(124)ー

 日曜日は、インマヌエル盛岡キリスト教会(℡019-646-2924)の講壇で語られる説教の要約をお伝えしています。きょうは2012年10月28 日の國光勝美牧師の説教です。

009
説教題 『あなたは、わたしに従いなさい』
聖書引証 ヨハネ伝21:15~23
        -ヨハネ伝連講(124)ー

15 彼らが食事を済ませたとき、イエスはシモン・ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。」ペテロはイエス に言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの小羊を飼いなさい。」
16 イエスは再び彼に言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの羊を牧しなさい。」
17 イエスは三度ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」ペテロは、イエスが三度「あなたはわたしを愛しますか」と言われたの で、心を痛めてイエスに言った。「主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。あなたは、私があなたを愛することを知っておいでになります。」イエスは彼 に言われた。「わたしの羊を飼いなさい。
18 まことに、まことに、あなたに告げます。あなたは若かった時には、自分で帯を締めて、自分の歩きたい所を歩きました。しかし年をとると、あなたは自分の手を伸ばし、ほかの人があなたに帯をさせて、あなたの行きたくない所に連れて行きます。」
19 これは、ペテロがどのような死に方をして、神の栄光を現すかを示して、言われたことであった。こうお話になってから、ペテロに言われた。「わたしに従いなさい。」
20 ペテロは振り向いて、イエスが愛された弟子があとについて来るのを見た。この弟子はあの晩餐のとき、イエスの右側にいて、「主よ。あなたを裏切る者はだれですか」と言った者である。
21 ペテロは彼を見て、イエスに言った。「主よ。この人はどうですか。」
22 イエスはペテロに言われた。「わたしの来るまで彼が生きながらえるのをわたしが望むとしても、それがあなたに何のかかわりがありますか。あなたは、わたしに従いなさい。」
23 そこで、その弟子は死なないという話が兄弟たちの間に行き渡った。しかし、イエスはペテロに、その弟子が死なないと言われたのでなく、「わたしの来るまで彼が生きながらえるのをわたしが望むとしても、それがあなたに何のかかわりがありますか」と言われたのである。


【説教】 
 きょうはヨハネ伝21:
22にある「あなたは、わたしに従いなさい。」というおことばに焦点をあてましょう。この語りかけは、ペテロにとって、イエスさまからの最初の語りかけであり、また最後のことばでもあります。マタイ4:19にある「イエスは彼らに言われた。『わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。』」との召命にはじまり、その締めくくりのように語られたのが、「わたしに従いなさい」でした。ペテロは、これこそ自分にとってすべてであると受けとめ、第一ペテロ2:20にこう書いています。
21 あなたがたが召されたのは、実にそのためです。キリストも、あなたがたのために苦しみを受け、その足跡に従うようにと、あなたがたに模範を残されました。
主はこの朝、私たち一人ひとりにも、このように語っておられることを先ず心に留めましょう。

 
 「あなたは、わたしに従いなさい」。これには毅然とした絶対的な響きがあります。従うのはどんな者たちなのでしょう。私たちは、週ごとの礼拝で「主の祈り」をお捧げしております。これを唱えるときに、いったいどの程度、自分の願望、思いではなく、イエスさまの願われることを優先させているでしょうか。先週は、蔦田二雄師が、献身の決意を手紙で父に伝えたときの話をしました。返事はただひとこと、「神に従え」でした。

 神従うときには、私たちの眼が開かれていることが大切です。マルコ伝10章に バルテマイの話が出ています。バルテマイは必死で眼の癒しをもとめていました。そして52節、「52 するとイエスは、彼に言われた。『さあ、行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです。』すると、すぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。」。眼が見えるようになったバルテマイは、イエスの行かれるところに従って行きました。

 私たちの霊の眼は開かれているでしょうか。イエスさまは仰いました。「あなたの信仰があなたを救ったのです」。眼が開かれたとき、イエスさまの足跡がよく見えるようになり、私たちはおことばに従って、イエスさまの足跡を追う者となります。主を愛するものは主に従っていきます。何よりもイエスさまを慕って歩ませていただきましょう。

わたしに従いなさい」。イエスさまはなぜペテロにこのように仰ったのか。これは失敗したことのある者へのことばです。ペテロは、たとえ何があろうとも最後までイエスさまに従ってゆこうと本気で思っていた。ところが、イエスさまが捕縛され十字架に架けられたとき、恐れから、ペテロはイエスさまを否認してしまいます。このようなことがあったペテロに、イエスさまは、だいじょうぶだよ、ほんとうにわたしを愛しているね、わたしに従いなさい、このように語ってくださっている。これは十字架に続く道です。この道をイエスさまと一緒に歩むようにと命じておられる。これは日々十字架を負ってキリストに従うことを意味します。十字架を背負わないでイエスさまに従うことはあり得ません。

 主は私たちの信仰のはじまりに、「わたしに従いなさい と命じられました。そして主は、その締めくくりに、「わたしに従いなさい」と命じておられるのです。

|

« 「ここに愛がある」江藤博久キリスト教講演会ー2012/11/4(日) AM10:30~12:00 昼食 13:30~15:00 - - | トップページ | シンフォニエッタ・盛岡「チェロとヴァイオリンの調べ」 »

教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/47718765

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのことば 『あなたは、わたしに従いなさい』-ヨハネ伝連講(124)ー:

« 「ここに愛がある」江藤博久キリスト教講演会ー2012/11/4(日) AM10:30~12:00 昼食 13:30~15:00 - - | トップページ | シンフォニエッタ・盛岡「チェロとヴァイオリンの調べ」 »