« インマヌエル綜合伝道団の東北聖会・北聖会に参加 | トップページ | ~賢治を想う~チェロとピアノによる物語ー渡部宏(こう)&ティモシー・ボザース コンサートー »

宮古ジュニア弦楽合奏団「音楽の夕べ」&渡部宏氏 チェロ コンサート  

 ここのところ飛ぶように時間が過ぎさる。それでも8月にはいるまでは、時の流れのうちに自分が振り落とされもせずに、まるでそこに静止しているかの折り合いのよさで共に進んでいたのだ。ところが、いまは気持のどこかが「待ってくれ」と先ゆく時に手をのばし時を引き戻そうとしているかの感覚を覚える。焦りだ。むしろここで深呼吸でもして浅瀬に静まるウミウシのように、ただのほほんと海面の碧い揺らめきを眺める想像をしてみよう。

2012727_023

 そんなときに光原社で渡部宏氏のチェロコンサートがあることを聞いた。煩雑な忙しさにあるまっただ中のセラの一ときとなるか。梅村保氏、村井氏、そしてその始めには村井氏から習った渡部氏のチェロである。明日7時。会場が近いことにほっとしている。天の慮りに感謝。

 宮古ジュニア弦楽合奏団にお電話すると、妙子夫人が出られた。行きたく願いつつも時間的窮乏状態。「音楽の夕べ」は5日(日)の午後3時からだ。いまのところまだ陸中ビルしか会場とできる場所がないだろう。成功を祈りつつ。

  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 息子が帰省。玄関前のフラワーポットはもうっとくに咲き終えていたのだが、植え替えなければと思いつつ先延ばしにしていた。やっと種から育てたサィニア3株を新たに植え込んだ。
 家庭菜園を作っている或る方が、私が花やトマトなど苗を買わずに種から育てていることを伝え聞き、白菜の苗を買わずに種から作ったところ、このほど立派な白菜を幾つも収穫でき喜んでおられると聞いた。
 種を種苗用ポットに植え込むとほぼ確実に発芽する。単純なことのようだが、これが実におもしろい。5センチほどで定植する。植える所が手狭なので、友だちにお分けする。喜んでくださるので、こちらも喜びをもらうことになるのだ。

|

« インマヌエル綜合伝道団の東北聖会・北聖会に参加 | トップページ | ~賢治を想う~チェロとピアノによる物語ー渡部宏(こう)&ティモシー・ボザース コンサートー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/46569861

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古ジュニア弦楽合奏団「音楽の夕べ」&渡部宏氏 チェロ コンサート  :

« インマヌエル綜合伝道団の東北聖会・北聖会に参加 | トップページ | ~賢治を想う~チェロとピアノによる物語ー渡部宏(こう)&ティモシー・ボザース コンサートー »