« 宮古ジュニア弦楽合奏団「音楽の夕べ」&渡部宏氏 チェロ コンサート   | トップページ | きょうのことば 『活ける水なる主イエス』ー東北聖会を前にー »

~賢治を想う~チェロとピアノによる物語ー渡部宏(こう)&ティモシー・ボザース コンサートー

 8月1日からくり広げられた盛岡さんさ踊りの最終日のきょう、光原社ではティモシー・ボザース氏のピアノ伴奏で、岩手出身の渡部宏氏のコンサートがあった。やはり弦楽のソロは大きな劇場で聴くものではない。そういった意味で今回の会場は理想的。2列目という位置で弦から流れだす音にじっくりと与ることができ、チェロという楽器の人気の高さの理由を噛みしめた。
 Scan10030

【プログラム】

グラズノフ:吟遊詩人の歌 作品71
シューマン:トロイメライ「子供の情景」より
宮沢賢治:星めぐりのうた
       飢餓陣営のたそがれの中に
    「イーハトーヴ組曲」中村節也編(渡部宏監修)より
日本民謡:南部牛追い唄
       石川晧也編(松下修也監修)
モシェレス=バッハ:前奏曲 第10番 ハ短調
  平均率クラヴィア曲集にチェロの独奏を加えた
  10の前奏曲集 作品137aより
J.Sバッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調BWV1009
チャイコフスキー:感傷的なワルツ ホ短調Op.51-6
ポッパ-:ハンガリアン狂詩曲 作品68


ーアンコールー
ヴィラ=ロボス:黒鳥の歌
ビアソラ:リベルタンゴ
カザルス:鳥の歌

ー拍手鳴りやまず、つづくアンコール曲はー
ボッケリーニ:ロンド
ビアソラ:忘却
日本民謡:斎太郎節
   これはこのほど新しくリリースされるCDに収められる
   曲のひとつで本邦初演


 グラズノフには漂泊の魂を想わせられ、深みのあるシューマン、モシェレス=バッハに深遠さをのぞき見、そして休憩にコーヒーブレイクを挟み、既に繰り返し氏のCDで聴いているバッハの無伴奏だが、きょうは3番の全曲を。チィコフスキーも心地よく、ポッパーの斬新さテクニックの絶妙さに嘆息。開け放たれたコンサート会場の入り口の樹木のざわめきとともに、チェロの魅力を余すところなく聴かせていただきました!!

|

« 宮古ジュニア弦楽合奏団「音楽の夕べ」&渡部宏氏 チェロ コンサート   | トップページ | きょうのことば 『活ける水なる主イエス』ー東北聖会を前にー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/46580628

この記事へのトラックバック一覧です: ~賢治を想う~チェロとピアノによる物語ー渡部宏(こう)&ティモシー・ボザース コンサートー:

« 宮古ジュニア弦楽合奏団「音楽の夕べ」&渡部宏氏 チェロ コンサート   | トップページ | きょうのことば 『活ける水なる主イエス』ー東北聖会を前にー »