« 「きょうのことば」の掲載は一週間後に変更いたします | トップページ | 雑感ー遠藤郁子さんのショパン・鮭ー »

ピアニスト遠藤郁子

 よくmaruseiさんのブログにお邪魔し着物について教えていただいている。反物の種別から帯、足袋、草履、小物にいたるまで解説してある。お陰で着物がまさしく文化であること、これは織、染色、手描きにいたるまで日本の文化そのものなのだと知らされた。以来音楽家の方々にももっと着物をステージ衣装として活用していただけたならと思うようになった。
 それが、たまたまこのようなCDを頂戴した。有り難い。ピアニストの着物姿にお目に掛かることが出来た。

Scan10018

 ピアニスト遠藤郁子。 初めて知る名前、さてどのようなピアニストかなと検索してみると、弟7回ショパン国際コンクールで特別銀賞を受賞している。1994年ヴラド・ペルルミュ テルは、「90年の人生で初めて、霊感で弾かれたショパンを聴いた」と評している。またポーランド大使ヘンリク・リブシッツは「ピアノの一つ一つの音が強 い磁力を放ち、演奏者と聴衆の心を一体にさせている」と評した。
興味深い一枚である。


|

« 「きょうのことば」の掲載は一週間後に変更いたします | トップページ | 雑感ー遠藤郁子さんのショパン・鮭ー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いつも稚拙なブログを読んで頂き、ありがとうございますm(_ _)m
わかりやすく楽しく着物の魅力を伝えられるようにガンバリマスね!!
遠藤郁子さん・・・ぶんなさんがご存じ無いのですから、私が知るよしもなく・・・ですが、着物姿でピアノに向かっているとなると、興味がわきますね。
ショパンと和服の融合はどんななのでしょう。

投稿: marusei | 2011年10月 4日 (火) 23時58分

maruseiさん
稚拙どころか、わたしも様々な年代に通じるように楽しく書きたいと思いつつもmaruseiさんのようにいかないんですね、これが。
ブログランキングも好調。こちらも必ずクリックしています。
着物の解説を読むようになるなんて自分じゃないと思いつつ毎回読ませていただいています。お陰様です。
ほんとうはCDの裏ジャケットの写真がすばらしかったのですが、スキャナに置けなくて。山口小夜子とも一寸違いますが、何れ和服が似合うというよりも、和服を自分の個性にひきこみ調和させてしまう魅力的な女性。
日本の独自性をまとった演奏すがたを残したかったのでしょうか。能楽を取り入れていますから、和服、とこうなったものか。CD、近いうちにお持ちします。

投稿: 中ぶんな | 2011年10月 5日 (水) 09時50分

いつも定期へのご来場いただきありがとうございます。本日は突然の書き込み失礼いたします。
今週末、「シンフォニエッタ・盛岡」恒例の複数ユニットによる演奏会「エンジョイ・アンサンブル」が今週末行われます。
通常は室内オケとしてクラシック~ポップスなどを演奏する我々ですが、年一回、団員+αで様々なユニットを結成しアンサンブル発表を行っております。
入場無料で、途中休憩時にはお茶の提供もホワイエにて用意しております。
お時間のあるときはどうぞいらしてみてください。

日時:10/29(土)13:00~(終演16時半予定)
開場:マリオス小ホール
入場無料
曲目:子供たちによる発表「ほのかな恋」、「乙女の祈りり」、ヴァイオリン独奏/「ガヴォット(無伴奏チェロソナタより)」、親子合奏/「ガヴォット(組曲第3番より)」、ヴァイオリン独奏/ドヴォルザーク作曲「ユモレスク」 
以下大人の部
viola独奏/ベートーヴェン作曲「チェロソナタ第3番イ長調 3楽章」
oboe独奏/テレマン作曲「12のファンタジーより」
Duo/モーツァルト作曲「ソナタ k.292-1楽章」 
Duo/タンゴ「ジェラシー」 
Duo/「猫ふんじゃった」  
弦trio/リスト作曲「愛の夢」 
木管五重奏/「魔女の宅急便より ~晴れた日に・旅立ち・仕事はじめ」 
***休憩***お茶提供あり
Duo/イベール作曲「間奏曲」、シオリス作曲「カルメメント」 
ギター独奏/Dilermando Rei作曲「Se Ela Perguntar」、他 
Duo/モーツァルト作曲「魔笛~Das Klingt、Ein Madchen」 
木管trio/モーツアルト作曲「ディベルティメント第1番変ロ長調から」
木管四重奏/ロッシーニ作曲「木管四重奏曲 第4番」 
ビオラカルテット/J.S.Bach作曲「主よ、人の望みよ、喜びを」
弦楽合奏/バッハ作曲「アリア」、チャイコフスキー作曲「弦楽セレナーデ 作品48 第3楽章」

投稿: シンフォニエッタ・盛岡 | 2011年10月27日 (木) 09時55分

シンフォニエッタ・盛岡さま
多忙にしており、危うく聞き逃すところを、セーブされました。
コメントを若干編集させていただき、遅ればせながらご案内させていただきました。
お陰様でまた音楽バージョンに復帰。
お子さんたちのユニットもあるなんて、楽しみです。
ご成功をお祈り申し上げます!!

投稿: 中ぶんな | 2011年10月27日 (木) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/42244390

この記事へのトラックバック一覧です: ピアニスト遠藤郁子:

« 「きょうのことば」の掲載は一週間後に変更いたします | トップページ | 雑感ー遠藤郁子さんのショパン・鮭ー »