« 音楽の支援活動ー「朝日新聞に寺崎巌さんが載ってたよ」 | トップページ | きょうのことばー『聖書の示す幸福の道』その1ーウェスレアン牧師相原雄二先生 »

ありがとう!!シンフォニエッタ・盛岡 「エンジョイ・アンサンブル(演奏会)」を聴く

 エンジョイ・アンサンブル、実は昨年もあったのです。ところが、積極的な宣伝、広告も見受けられなかったので、もしかすれば内輪の研修会だろうと思いこんでいました。案外そう思っておられる方が多いのでは。しかし今回で、一般の誰もが聴きに入ってもよいと知り、主人と共に出かけたわけでした。clover

♪プログラム第一部♪
☆60歳からピアノを習ったという方の独奏。シャミナード作曲「ほのかな恋」、バダルジェフスカ作曲「乙女の祈り」成田宏子☆ヴァイオリンの親子合奏(小4&)バッハ作曲「ガヴォット(弟3番より)」、☆ヴァイオリン独奏(中2)ドヴォルザーク作曲「ユモレスク」、☆ピアノ伴奏は高2の方といった方々の丹念な演奏の後には
☆oboe独奏テレマン作曲「12のファンタジーより」菊池人嗣
☆viola独奏ベートーヴェン作曲「チェロソナタ弟3番イ長調3楽章(ビオラ版)」  中安貴子 p伴奏菊池人嗣
☆Duoモーツァルト作曲「ソナタk.292-1楽章」西舘ゆかり(fg)・畑村保裕(vc)
☆Duoタンゴ「ジェラシー」中村邦子(vn)、高橋美奈子(pf)
☆Duo/vnで「猫ふんじゃった」お~にゃんこ倶楽部
☆弦trioリスト作曲「愛の夢」女神たち?
☆木管五重奏「魔女の宅急便より3曲」
村松香奈子(fl)、西川翼(cl)、谷地田直子(cl)、井上尚子(sax)、西舘ゆかり(fg)
☆vc独奏バッハ作曲
「無伴奏チェロ組曲1番ト長調プレリュード、アルマンド、サラバンド」
 畑村保裕


              ー15分間休憩 ドリンクサービスー

♪プログラム弟二部♪

☆Duoイベール作曲「間奏曲」、シオリス作曲「カルメメント」DUO RIAS
☆ギター独奏Dilermando Rei作曲「もし彼女が尋ねたら…」
F.Sar作曲「魔笛の主題による変奏曲」他 吉田英人
☆Duoモーツァルト作曲「魔笛~Das Klingt 、Ein Madchen」
佐藤雅宏(Fg)、西舘ゆかり(Fg)
☆木管trioモーツァルト作曲「ディベルティメント弟1番変ロ長調から」
くら・くら・ゆかちゃん
☆木管四重奏ロッシーニ作曲「木管四重奏曲 弟4番」
佐々木宏(fl)、森亜矢子(cl)、西舘ゆかり(fg)、畑澤巧(hr)
☆ビオラカルテットJSバッハ作曲
「主よ、人の望みよ、喜びを」
小原学、橋本、佐藤俊樹、成田浩
☆弦楽合奏バッハ作曲「管弦楽組曲弟3番より アリア」
チャイコフスキー作曲「弦楽セレナーデ 作品48 弟3楽章」
           指揮: 畑村保裕
SFM&freiends strings 
Vn相川直子、大森久仁、大森彩加、武田浩、中村邦子
姫野千世子、宮野ゆかり
va小原学、佐藤俊樹、中安貴子、橋本則行
vc安保尊、佐々木松子、松尾真里、民部田里美
cb高橋友佳子


 今回はやはり木管の良さを教えていただいたこと。


 木管楽器のうちフルートは昔は木で作られていたので木管の仲間になっていますが、今は金、銀、プラチナが用いられるよう。
バロック木管となると、
 ・梨(ペア pear) オーボエ
 ・楓(メープル maple) リコーダー/ファゴット
 ・黄楊(ボックス boxwood) リコーダー/トラベルソ/オーボエ/クラリネット
 ・黒檀(エボニー ebony) リコーダー/オーボエ/トラベルソ
 ・コーカス(cocus wood) トラベルソ
 ・グレナディラ(African blackwood) リコーダー/オーボエ/クラリネット
すべて硬材(ハードウッド hard wood)と呼ばれる広葉樹。 緻密で細密加工にすぐれ、比重の高いものは明瞭な音色を生み出します。
梨(ペア)、楓(メープル)、
ー材の説明は上記のURLからの転載ですー


ちょどいま以上のようなことに興味を持っていたので、これらの木立を想像しながら聴きました。このすべての樹木がどのような木であるか検索しているのですが、なかなかすがたをあらわしてくれない木もあります。
 余談を挟みましたが、
今回のコンサートに体調が悪く出席できない小6(ヴァイオリン)のお子さんがいらっしゃいました。休憩で紅茶をいただきながら、やはり聴きにいらしたご婦人に聞いたところによると、去年のエンジョイ・アンサンブルのときに非常に印象に残る演奏をしたお子さんだったということで、とても残念がっておられました。
 またこの時間帯の空白を埋めるために急遽演奏されたのがバッハの無伴奏チェロ組曲であり、チェロという楽器の奥深さというものを今回も聞かせていただきました。
 猫の耳を頭につけての「猫ふんじゃった」。衣装で華やぎをくれたタンゴ「ジェラシー」。
心に染みた「主よ、人の望みを…」。そして最後の弦楽合奏は威厳を持って重厚にせまってきました。カメラを携帯せず、この場面を撮ることができなかったのが残念です。きょうのこの幸いを感謝し、成田先生の奥様とたくさんお話しできたことにも感謝し、明るい気持でフェザン地下で買い物、再びでんでん虫で帰宅しました。
 もしかすれば自分の好きな曲を中心に書いているかもしれません。しかし聞き逃した曲は一つもなく、コンサートから遠ざかっていた心に、直接に楽器が奏でる滴を落としていただき、みな心を養う糧となったことには疑いがありません。ありがとうございました。

 いつもは9時か10時にPCを切り上げるのですが、きょうはいつもより時間オーバーしての一日の締めくくりとなりました。
      


 

|

« 音楽の支援活動ー「朝日新聞に寺崎巌さんが載ってたよ」 | トップページ | きょうのことばー『聖書の示す幸福の道』その1ーウェスレアン牧師相原雄二先生 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

中ぶんな様

急な告知にもかかわらず、ご来場いただきありがとうございました。
さらに、これほどたくさんのご感想まで・・・恐縮です。

そしてそして、本当にすみません・・・・今、慌てふためいているのは、申し訳ないという思いでして。。。
実は、「エンジョイ」の開催が終わったという安堵感で、
カテゴリー内からエンジョイ関係をさっそく消去したところ
なんと、中ぶんな様からいただいたありがたいコメントまで消えてしまったではありませんか!!
消してから後の祭り。。。本当にすみません。
なんとお詫びを申し上げてよいのやら(とほほ)

「シンフォニエッタ・盛岡」は、まだまだ知名度も低く、盛岡はもちろん、岩手でもあまり名前は知られてないようですが、
こうしたアンサンブル会も地味に告知はしているものの、なかなか認知されにくいようでして。
今後の課題であります。
さて、そんな中、オケのHPを見たというNPO様からのお声掛けにより、
管理人とチェロ首席はアンサンブル会の翌日に、安家小中学校への慰問演奏にうかがってまいりました。
全校生徒20名ほどのこぎれいで小さな小中学校でしたが、心が洗われるような景色と静かな時間が流れるところで
1時間演奏してまいりました。
シンフォニエッタの演奏は大きなものから、アンサンブル会のようなもの、そして、こうした小さな慰問演奏まで、
腕前はプロのように最上級の演奏とまではいきませんが、真心こめて精一杯の演奏を、届けていきたいものと思っております。

もし、どこかでシンフォニエッタの人が弾いているらしい・・・と耳にしたら、ぜひぜひいらしてくださいませ。

投稿: シンフォニエッタ・盛岡です | 2011年10月31日 (月) 22時36分

シンフォニエッタ・盛岡さま
このように丁寧なコメントを頂戴し感謝です!!
木管の明るい響きがいまも印象的です。
また最後の2曲、結束というと言葉は硬いですが、一つ心となった調和のある厚みの保たれた演奏には、ほんとうに私は威厳を感じたのです。
すぐに安家小中学校への慰問演奏、子どもたちの表情が浮かびました。お疲れさまでした。
出不精になりつつありますが、可能な限り演奏を聴かせていただきたいと願っております。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

投稿: 中ぶんな | 2011年11月 1日 (火) 09時06分

返信いただきありがとうございます。
シンフォニエッタの今後の予定は、HPに記載しておりますが、
11/3には、旧図書館が生まれ変わってできた「もりおか歴史文化会館」様にて
14時からカルテット演奏を行ってまいります。
それから12/3にはキャラホールにて30団体ほどのアマチュアの唄・踊・演奏・・・のチャリティー演奏があります。
こちらは10分程度の出演です。
このように小さな演奏会は随時行われておりますのでぜひどうぞ!

それから、当団の弦トレーナーであり、盛岡出身の現在オーケストラ・アンサンブル・金沢のバイオリニスト・原田智子さん率いるカルテットが11/6にマリオス大ホールにやってきます。
こちらは
<平泉シンポジウム>
平成23年11月6日(日)
盛岡市民文化センター(マリオス・大ホール)
午後2時から
入場無料・整理券もありません

第一部
映像と生演奏でめぐる世界遺産平泉(約35分)
弦楽四重奏:アンサンブル金沢のメンバー
第二部
パネルディスカッション(約40分)

ですので、音楽と共に平泉文化に触れるいい機会でありますので、お時間があったらいかがでしょうか?

話が長くなりましたが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: シンフォニエッタ・盛岡 | 2011年11月 1日 (火) 09時24分

シンフォニエッタ・盛岡さま
予定を入れていただきまして大変有難うございます。
11月3日は結婚式があるため参じかねますが、ハラトモさんはカレンダーにマークしてございます。
ぼんやり者ですが、極力外さないよう、近場であれば聞かせていただきたく思っております。
ステージを拝見して、遅ればせながら、いよいよ音楽を理解して楽しめるように学ばせていただきたく思っております。
次回を楽しみにしつつ失礼いたします。

投稿: 中ぶんな | 2011年11月 1日 (火) 14時51分

11月3日もりおか歴史文化館でのシンフォニエッタ盛岡の弦楽4重奏の演奏とても素晴らしかったです私は当日ビデオカメラで45分間撮影しましたが全世界の人に、感激の演奏を聴いてもらいたくて、有名なyoutubeで紹介しております

よろしければhttp://www.youtube.com/watch?v=Zm89wdGl174&feature=channel_video_titleに直接アクセスするか
私の音楽と趣味のブログ http://pub.ne.jp/tachiyanagiをパソコンから御覧になられてください。   

投稿: 音楽愛好家 | 2011年11月 4日 (金) 09時36分

音楽愛好家 さま
シンフォニエッタ・盛岡さんの演奏をYou Tubeに“上場”くださいまして、ほんとうに感謝申し上げます。内容のあるよいカルテット演奏、世界に飛んでくれることを願っておりますと同時に夢を膨らませていただきました。音楽だけは言葉だけでは如何に応援を尽くしても限界がありますが、こうして音を飛躍させていただきました。盛岡にはこんな素晴らしいものがあるのです。プロ、アマの境界線、差、何するものぞと思う近頃です。
シンフォニエッタ・盛岡、多くいるファンの一人としての立場から、今後ともどうか宜しくお願いいたします。

ブログを拝見しますと、至るところビデオにおさめられていらっしゃるようですが、これは“リクエスト”ですが、14世紀に中尊寺を支えた荘園である本寺(骨寺)の景観、行政区画で申しますと「一関市厳美町字駒形」或いは「一関市厳美町字沖要害」といったところですが、撮影しそちらのブログに載せていただけないかなと思うのですが、これはできますならば、でございます。

投稿: 中ぶんな | 2011年11月 4日 (金) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/42744973

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう!!シンフォニエッタ・盛岡 「エンジョイ・アンサンブル(演奏会)」を聴く:

« 音楽の支援活動ー「朝日新聞に寺崎巌さんが載ってたよ」 | トップページ | きょうのことばー『聖書の示す幸福の道』その1ーウェスレアン牧師相原雄二先生 »