« ただただ眠い | トップページ | 我は葡萄の樹汝らは枝なり »

木島由美子/Soleil~ひまわり~

弟35回ピティナ・ピアノコンベティション

Scan10014

この盤に木島さんの作品が収められています。演奏はコンクールに出場された方々です。下をクリックし拡大しますと、右側の連弾中級39番にあります。

Scan10015

 これが、4万人が切磋琢磨するといわれる一大ピアノコンクール。

 いつもうにさんといっていますが、本名は木島由美子さんというプロの作曲家。社団法人日本作曲家協議会、JFC東北、JASRAC、山形市児童劇研究会、各会員。聖和短期大学講師。
 わたしとの関係は、メールを交したり情報交換しているという間柄ではなく、専ら、わたしが一方的に公開されているブログ「うにの五線ノート♪」にお邪魔し、食卓からこぼれ落ちるパンならず、作曲家という生き物のブログからこぼれ落ちる、作曲とはどんなもん? というパン屑を強かにかき集めている、そういう自然循環の一コマ。

 今回このうにさんの作曲した「Soleil~ひまわり~」が第35回ピティナ・ピアノコンペティションにおいて新曲課題曲賞を受賞!
 
聴きました!!
連弾中級課題曲「Soleil~ひまわり~」は、予選では371組中、67組が選択。全国、決勝大会では、21組中4組が選択しています。

作曲者の木島さん本人はブログ上でこう仰っています。
「ソナチネなどに混じっての、拙作『Soleil~ひまわり』。
すんごく場違いな感じがしてしまいました、ボサノバですから。
クラシックのコンクールの課題曲には
応募すべきではなかったかしら。なんてね

初心者向けに書くのが一番難しいんですよね。
調性やリズムをシンプルにするのはもちろん、
指使いは簡単にしなくてはならないし、
ぶつかる音や耳障りな音は避けなければなりません。
限られる音を使って魅力的な音楽を書くのが一番難しいんですよ。」

文学書を紹介するよりは音楽を書かせて頂く方がほんとうに音楽が好きであると言う理由から許されるかなと思いつつ言ってしまうのですが、

木島さんの作曲には、既成の音の羅列のごとくの曲想を除外しその狭間にきりりと鑿を差込み、洩れ来る向こうの音の世界のまったく新しい音の創作、構築を企んでいる、そんなふうにわたしには思われます。
「Soleil~ひまわり~」、大都会の中に負けずに明るく力強く確かな歩調で咲く大輪の花。


|

« ただただ眠い | トップページ | 我は葡萄の樹汝らは枝なり »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「企む」…ステキな言葉ですね!まさにそのとおり、そのために悶々とするんですよ。

わざわざお買い上げ頂きありがとうございます。
この曲の録音には立ち会わなかったので、こちらから言いたいことはあるにはあるんですけど。
とにかく、たくさんのひとの手を経て、心を掛けていただいて、世に出た作品です。

ぶんなさんに頂いているメッセージもありがたく受け取っていますよ。
いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね。
また来まーす。

投稿: うに・木島由美子 | 2011年9月 2日 (金) 23時25分

うにさん
コメントありがとうございます!
電光石火。びっくりです。
ひまわり、びしっと心に収まりました。
作品の翼がいよいよ大きくなり広く飛びかけますように願っております。
ブログにはいつも教えていただいております。
探訪を続けますがまた宜しくお願いいたします。

投稿: 中ぶんな | 2011年9月 3日 (土) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/41474784

この記事へのトラックバック一覧です: 木島由美子/Soleil~ひまわり~:

« ただただ眠い | トップページ | 我は葡萄の樹汝らは枝なり »