« きょうのことば ー『陶器師なる神の作品』 | トップページ | 雑感 ー髙田三郎氏ー »

「松田晃・松田順子 合唱指揮105年記念演奏会」を聴く

Scan10015_2 Scan10014_2














 

 2010/11/14(日)、もう昨日となってしまいましたが。13時10分開演。「松田晃・松田順子 合唱指揮105年記念演奏会」を聴きました。
 とにかく壮観でした。これは盛岡市にとって、岩手にとって記念すべき音楽会であったように思います。
 コンサートの終盤で、松田順子先生が、先生方とは30年来のお付き合いだという司会者小野寺悦子さんのインタビューに答えて
「合唱コンクール岩手県大会があったとき(平成21年の第61回全日本合唱コンクールのことと思いますが)審査員でいらした先生方との話の中で今回のコンサートの構想が持ち上がりました」と仰いました。

 このコンサートを祝し、わざわざ遠くから合唱団の方々が盛岡まで来てくださったのです。お一人お一人のお顔を拝見しましたが、どの方もほんとうに輝いてらっしゃいました。

 松田晃先生へのインタビューのお答えは
「はじめは高校の教員をしていました。(県立)紫波高校と盛岡商業高校の兼任勤務(1954.4~)でした。大変だったが若かったので頑張れました。2校の音楽部を掛け持ちでみて給料は一人分。何とかコンクールに出たいとの願い、何とか出したいという想い。この11年間それぞれに違うタイプの生徒達をどのようにして良くしていくかを考えました。この11年間がその後の合唱指導の基になっています。盛岡コメット合唱団は47年間ですが、このときにも最初の高校のときのことがみな生かされています」

プログラムⅠ
1、雅声会  指揮:松田順子【以下、敬称略】
(1)雪 文部省唱歌 (2)どこかで春が (3)朧月夜
 以上は岩手の生んだ作曲家加藤學編曲 ピアノ:小笠原宣子

2、北上・コーラス せせらぎ  指揮:松田順子
 「グレゴリオ聖歌」より
(1)Ave Maria(2)Loquebar(3)Alleluia(4)Salve Regina

3、花巻ユネスコ・ペ・セルクル  指揮:松田順子
「啄木歌集」より  加藤學作曲  ピアノ:小笠原宣子
(1)病のごと(2)不来方の(3)かにかくに
(4)やはらかに(5)ふるさとの

4、宮一女OG合唱団  指揮:松田順子/ピアノ:小笠原宣子
女性合唱組曲「遙かな歩み」より
(1)機織る星(3)花野

5、女声合唱団 花野  指揮:松田順子
Missa Augusta
1Kyrie/ 2Gloria/ 3Sanctus/ 4Agnus Dei 

6、盛岡コメット混声合唱団  指揮:松田晃/ピアノ:雫石環
(1)流浪の民(2)風(3)Trost(慰め)

Ⅱ 招待演奏
7、うとう女声合唱団(青森市)
 指揮:辻村成子/ピアノ:浜田ゆか
(1)Salve Regina(2)Les Angelus(お告げの鐘)
(3)「Four  Russian Peasant songs」(4つのロシアの農民の歌)
(4)Clair de lune(月の光)

8、F.M.C.混声合唱団(福島市)
 指揮:高野洋子
(1)O magnum Mysterium(おお 偉大な神秘よ)
(2)Agnus  Dei(神の小羊)
(3)Sicut cervus(鹿のように)

9、多摩リヴィエール(東京都)
 指揮:辻志朗/ピアノ:辻悦子
(1)「光の丘のうた」より
(2)女声合唱組曲「悲しみの意味」より
(3)女声合唱曲「うたが生まれる」

10、指揮:須賀敬一(大阪府)  オルガン:田村久美子
  合唱:盛岡コメット混声合唱団・男性合唱団コールM
「典礼聖歌」
(1)主をたたえよう      作曲:髙田三郎
(2)いつくしみと愛      作曲:
田三郎
(3)しあわせなかたマリア  作曲:
田三郎
(4)平和の祈り        作詩・作曲:
田三郎

11、女声合同演奏  指揮:松田順子/ピアノ:小笠原宣子
              作詩:村上博子/作曲:
田三郎
合唱:多摩リヴィエール、宮一女OG合唱団、北上・コーラスせせらぎ、花巻ユネスコ・ペ・セルクル、女声合唱団花野、ローゼンコール、個人参加者(136名の方々)
☆女声合唱組曲「マリアの歌」
(1)街角で(2)カットグラス(3)病(4)答 

12、混声合同演奏  指揮:松田晃/ピアノ雫石環
              作詩:高野喜久雄/作曲:
田三郎
合唱:FMC混声合唱団、うとう女声合唱団、混声合唱団北声会、盛岡コメッット混声合唱団、個人参加者(129名の方々)
混声合唱組曲「水のいのち」より
(1)雨(2)川(3)海よ

13、おわりに「埴生の宿」(会場の皆様とご一緒に)
   指揮:須賀敬一/ピアノ:辻志朗

   
     spade     spade    spade

 岩手県民会館大ホールは1階が1287席。2階が400席。3階が304席。1階、2階はほぼ満席でした。3階は二階から見上げただけですが、まずまずだったのではないでしょうか。してみると、「埴生の宿」はステージ上合唱団の方々だけで129名、観客席1800として、2000人の大合唱!! まわりにも声の良い方々が多くいらっしゃり、また全員が歌っていたと思います。聴かせていただいた合唱曲の数々とともに、ほんとうに素晴らしい音楽会でした。有難うございました!!

       

|

« きょうのことば ー『陶器師なる神の作品』 | トップページ | 雑感 ー髙田三郎氏ー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/37683918

この記事へのトラックバック一覧です: 「松田晃・松田順子 合唱指揮105年記念演奏会」を聴く:

« きょうのことば ー『陶器師なる神の作品』 | トップページ | 雑感 ー髙田三郎氏ー »