« 賛美歌「いかなるめぐみぞ」 | トップページ | 『冬』の楽章 »

球根の中には『賛美歌21』575

 球根の中には

球根の中には花が秘められ
さなぎの中からいのち羽ばたく
寒い冬の中、春は目覚める
その日、その時を、ただ神が知る

沈黙はやがて歌に変えられ
深い闇の中、夜明け近づく
過ぎ去った時が未来を開く
その日、その時を、ただ神が知る

いのちのおわりは、いのちのはじめ
恐れは信仰に、死は復活に
ついに変えられ永遠の朝
その日、その時を、ただ神が知る

|

« 賛美歌「いかなるめぐみぞ」 | トップページ | 『冬』の楽章 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461668/25457702

この記事へのトラックバック一覧です: 球根の中には『賛美歌21』575:

« 賛美歌「いかなるめぐみぞ」 | トップページ | 『冬』の楽章 »